買取日誌
  • サービス事例
  • 取り扱い品目
  • サービス紹介
  • 買取・回収の流れ
  • 無料お見積もり

2021/05/16

ゴミ屋敷における強制執行とは?名古屋の業者が解説します!

みなさんは、ゴミ屋敷における強制執行についてご存じですか。
耳にしたことはあるけれど、具体的な内容は良く分からないという方も多いですよね。
そこで今回は、ゴミ屋敷の強制執行について、名古屋市の清掃業者が詳しく解説します。

□強制執行とは?

建物の内外問わずゴミであふれている「ゴミ屋敷」は、近隣住民に多大な迷惑をかけてしまうため、問題視されています。
最近では、ゴミ屋敷対策として条例を設ける自治体も増えてきました。
この章では、ゴミ屋敷対策の一つである強制執行(行政代執行)という手段について紹介します。

まず強制執行とは、国や役所などの行政機関が命令に従わない方や義務を怠っている方の代わりに、業務を強制的に行う措置のことを指します。
よって、ゴミ屋敷における強制執行とは、ゴミ掃除を怠っている住居者の代わりに、担当者がその家へ出向いてゴミ処理を行い、費用を住民が負担するという制度です。

しかしこの制度は、すぐに実施されるわけではありません。
ゴミにも所有権が保障されており、所有者がゴミではないと主張すれば原則として役所が処分してはいけないからです。
相当な回数に及ぶ指導や命令を下したにもかかわらず改善されない場合に、強制執行の措置がとられます。

□強制執行になるまでの流れは?

前の章で、ゴミ屋敷における強制執行について紹介しました。
では、実際にどのような手続きを経て強制執行の措置が講じられるかを確認していきましょう。

多くの場合は、まず近隣住民から役所へ苦情や相談が入ります。
複数回、複数人からのクレームが入ることにより、役所が動き出します。

役所はまず苦情が入っている家へ出向き、立ち入り調査を行います。
注意喚起を行うとともに、支援が必要かどうかの情報を得ます。

そして居住者だけでゴミ問題を解消するのが難しいと判断した場合、市などの関係機関が支援を行います。

その後も役所によって継続的に指導、命令を行いますが、それでも改善されなかった場合に、最終手段として強制執行が行われます。

以上が、強制執行までの流れです。
苦情が入ってからすぐに問題が解決しない理由は、憲法として定められている個人の所有権との兼ね合いから、強制的にゴミを処分するまでに長いプロセスを経る必要があるためです。

□まとめ

今回は、ゴミ屋敷における強制執行の内容やその措置に至るまでのプロセスについて紹介しました。
ゴミ問題は年々深刻になっているため、ぜひ頭に入れておきましょう。
また、ご自身やご家族の散らかっている部屋をきれいにしたいとお考えの方がいれば、いつでも当社へご相談ください。

一覧に戻る

  • サービス事例
  • 取り扱い品目
  • サービス紹介
  • 買取・回収の流れ