買取日誌
  • サービス事例
  • 取り扱い品目
  • サービス紹介
  • 買取・回収の流れ
  • 無料お見積もり

2021/05/05

冷蔵庫を処分する時のポイントとは?名古屋の不用品回収業者が徹底解説!

冷蔵庫の処分について困ってはいませんか。

冷蔵庫の処分は法律によって定められている方法でしか行えません。粗大ゴミとして捨てるという選択肢がない分、いざ処分するとなるとどの方法を選べば良いのか悩みがちです。

今現在冷蔵庫の処分を検討している方の中には

「引っ越し期日前に処分したいけど、どの方法が手間なく片付けられるの?」
「新品冷蔵庫の買い替え前にコスパ良く処分する方法が知りたい」

といった疑問点で頭がいっぱいの方もいらっしゃることでしょう。

そこで今回は、冷蔵庫の各処分方法やそのメリット・デメリットを解説します。また、弊社クリーンスタッフが何故冷蔵庫の処分など不用品回収で重宝されているのか、その理由も併せてまとめました。

 

□冷蔵庫の処分方法について

冷蔵庫の各処分方法を紹介する前に知って欲しいのが、冷蔵庫は法律によって処分方法がある程度制限されているということ。
冷蔵庫を含む一部家電は、家電リサイクル法(冷蔵庫特定家庭用機器再商品化法)に基づく方法で処分しなければなりません。
気になる処分方法ですが、次のような方法が挙げられます。

・指定引取場所に持ち込んで処分
・家電量販店による引き取り
・オークションやフリマアプリで売る
・不用品回収業者の利用   など

ちなみに業者が冷蔵庫の引き取りに来る場合、基本的に収集運搬料とリサイクル料金がそれぞれ発生します。

なお、冷蔵庫の処分を行う前には、出来るだけ中に溜まっている霜や水分を掃除しておきましょう。そうすることで、配送する際や持ち運ぶ際水がこぼれて床を濡らしてしまう事態を防ぐことができます。

特に処分直前まで冷蔵庫を使っている人は注意が必要です。具体的な清掃の仕方は冷蔵庫の製造メーカーに問い合わせるか、マニュアルなどをご参照ください。

 

□冷蔵庫の各処分方法に見られるメリット・デメリット

前述した冷蔵庫の各処分方法には、どのような特徴があるのでしょうか。以降にそれぞれのメリット・デメリットをまとめていますので、比較の参考にしてみてください。

①冷蔵庫を指定引取場所に持ち込んで処分する

メリット
・自身で冷蔵庫を指定取引場所まで運搬できる関係から、運搬料金が掛からないケースがある

デメリット
・家電リサイクル券の発行に、冷蔵庫のメーカー名や内容積などの記入が必要なので人によっては手間を感じる
・リサイクル券1枚毎に振り込み手数料が掛かる

市町村によって決められている指定引取場所(処理場までの中継所)では、冷蔵庫を持ち込んで処分することができます。この方法を行うには家電リサイクル券が必要で、郵便局の窓口にて発行手続きが可能です。

(※簡易郵便局・一部店舗では発行手続きが行えないケースもあるので注意してください)

リサイクル費用は冷蔵庫のメーカーや型番、サイズによって異なります。詳しくは一般財団法人家電製品協会のページ(https://www.kaiketsukr.com/feelist/)を参考にしてください。

 

②冷蔵庫を家電量販店に引き取ってもらい処分する

メリット
・大手家電量販店などであれば、詳細な説明が受けられたりなど引き取りに関して安心しやすい

デメリット

・冷蔵庫買い替え時限定で、引き取りを行っている店舗が主流

・引き取り単体で行っている店舗もあるが、買い替え時に比べて引き取り料金が割高になるケースも珍しくない

家電量販店では、店舗によって引き取りのみで対応しているかどうかが異なります。この方法を選ぶ場合、引き取ってほしい店舗に事前に問い合わせ、手順や疑問点について質問しておくと良いでしょう。

 

③冷蔵庫をオークションやフリマアプリで売って処分する

メリット
・買取業者よりも高値で売れる可能性がある
・中古の冷蔵庫でも条件次第では売れる

デメリット
・必ずしも都合に合う買い手や引き取り手が現れるとは限らない
・引っ越し前に処分したい場合は、配送期間なども考慮して出品する必要がある

オークションやフリマアプリなどで売って処分する方法も近年では多く行われている方法です。
ただし、この方法では取引きトラブルに関する懸念も生まれます。

 

④冷蔵庫を不用品回収業者を利用して処分する

メリット
・業者毎に料金プランが異なるため、希望金額に近い業者が見つけられることも
・業者によっては処分に掛かる労力や時間を大幅に削減できる

デメリット
・質の良い業者を選ばないと満足度の高いサービスが受けにくい

不用品回収業者を利用する形でも冷蔵庫の処分は行えます。処分に関する手間を省いて業者さんにある程度お任せできるのが、この方法の最大の特徴だと言えるでしょう。冷蔵庫を含む部屋全体の不用品を処分したい時にもおすすめです。

 

□冷蔵庫の不用品回収は東海地域で活躍中のクリーンスタッフにお任せ!

ここまでお伝えした通り、不要品回収業者は業者選びさえしっかり行えば、冷蔵庫の処分にも非常に役立つ存在です。しかし、業者の良し悪しを見極めるというのは、なかなかそう簡単なことではありませんよね。

一見安価であったり、サービスが充実しているように見えても、実際に依頼してみると満足のいくサービスではなかった、というケースも十分ありえます。

しかし、私達クリーンスタッフは安さを保ちながらサービスの質を高めているのがポイント。東海地域トップクラスの満足度というキャッチコピーの通りに、これまで多くのお客様の需要を満たして参りました。もちろん作業前にはお客様の不安や疑問を解消できるように、しっかりと作業に関する説明を行います。

担当してきた各現場作業はサイト内のサービス事例のページにまとめてありますので、業者選びの参考材料にして頂ければ幸いです。

クリーンスタッフでは気軽に行える見積もりやネット依頼限定割引など、不用品回収を初めて利用するという方にも使いやすいシステムを用意しています。冷蔵庫やその他不用品の処分をお考えの方はこの機会に是非、私達にご相談ください。

一覧に戻る

  • サービス事例
  • 取り扱い品目
  • サービス紹介
  • 買取・回収の流れ