買取日誌
  • サービス事例
  • 取り扱い品目
  • サービス紹介
  • 買取・回収の流れ
  • 無料お見積もり

2021/05/06

名古屋にお住まいの方へ!勉強机の処分方法について不用品回収業者が解説します!

「勉強机を使わなくなったけど、どうやって処分しよう。」
勉強机の処分にお困りの方はいらっしゃいませんか。

勉強机はサイズが大きく重量もあるため、処分に困ってしまうことも少なくありません。
そこで今回は、勉強机の処分方法についてご説明します。
処分の参考にしていただければ幸いです。

□勉強机の処分に困る理由とは?

勉強机は使われなくなってからも同じ場所に置かれ続けることが多いです。
なぜ勉強机はずっと同じ場所に置かれ続けるのでしょうか。
ここでは、2つの理由を紹介します。

1つ目の理由は、リサイクルショップで売れにくいということです。

勉強机は小学校、中学校、高校と10年以上にわたって使用されることも多い家具です。
そのため、使い終わった状態のものは傷や汚れが多く、リサイクルショップでもなかなか売れません。

2つ目の理由は、他の部屋での再利用が難しいということです。

一般的な机であれば、子供部屋から他の部屋に移動させてデスクとして再利用できるでしょう。
しかし、勉強机はサイズが大きく、収納スペースも多いため広いスペースを必要とします。
その上、重量が大きいため、移動も大変です。
収納としても使い勝手はあまり良くないため、結局は同じ場所に置かれ続けることが多いのです。

□勉強机の処分方法とは?

では、勉強机はどのように処分すれば良いのでしょうか。
主な処分方法を紹介します。

*粗大ごみ

勉強机は粗大ごみとして処分可能です。
自治体のルールを守った処分を心がけましょう。

*細かく解体して燃えるゴミとして出す

粗大ごみの規定サイズよりも小さい大きさにまで解体できれば、燃えるゴミとして処分可能です。
無料で処分できますが、その分解体には多くの時間と労力が必要になるでしょう。

*不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者を利用すれば、他の方法に比べて簡単かつ短時間で処分できるでしょう。
早ければ依頼したその日のうちに回収可能な場合もあります。
指定の場所まで運ぶのが難しい方や、忙しい方におすすめです。
複数のものをまとめて処分できるため、勉強机以外に処分したいものがある方にもおすすめです。

□まとめ

今回は、勉強机の処分に困る理由と処分の方法について解説しました。
それぞれの処分方法の特徴を把握して、自分に合った方法で処分すると良いでしょう。
当社ではみなさまの不用品の処分をサポートしております。
名古屋で不用品回収をお考えの方はお気軽にご相談ください。

一覧に戻る

  • サービス事例
  • 取り扱い品目
  • サービス紹介
  • 買取・回収の流れ