買取日誌
  • サービス事例
  • 取り扱い品目
  • サービス紹介
  • 買取・回収の流れ
  • 無料お見積もり

2021/03/28

ゴミ屋敷による健康への被害とは?名古屋の業者が解説します!

普段は部屋をきれいにしている人でも、ゴミを溜めこんでしまった経験があるという方は少なくないのではないでしょうか。
少ないゴミであれば、溜まっても簡単に処分できますが、あまりに量が多いと処分が難しくなってしまいます。
そこで今回は、ゴミ屋敷が引き起こすトラブルについて解説します。

□ゴミ屋敷によって引き起こされる健康被害とは?

ゴミ屋敷によって引き起こされる健康被害として、害虫の被害があります。

コンビニ弁当の容器やペットボトル、お菓子の食べかすなどを放置しておくと、ゴキブリやハエ、ダニ、場合によってはネズミが発生することもあります。
こうした害虫は人間に悪影響を与える細菌やウイルスを媒介します。
中には人を死に至らしめるような病気を媒介する場合もあるため、ただのゴミと思って放置してはいけません。

また、放置されたゴミは、アレルギー症状をもたらすこともあります。

ゴミ屋敷にはホコリやカビ、ハウスダストが充満しやすいです。
そうした空気を日常的に吸引していると、皮膚トラブルや目の症状、鼻詰まりや咳といったアレルギー症状を引き起こしてしまう危険があります。

他にも、ゴミに囲まれた不衛生な状態で生活していると、精神にも悪影響を及ぼします。

ゴミを溜めることは身体にも心にも良くありません。
重大な問題が発生する前に対処するようにしましょう。

□ゴミが溜まることのデメリットとは?

ゴミが溜まることによって、風呂やトイレが使えなくなるといったデメリットもあります。

ゴミを溜めすぎると、ゴミが風呂やトイレのスペースまで占領してしまいます。
そうなると満足に使用できないのはもちろん、掃除もできなくなってしまいます。

水回りの掃除を長期間怠ると、カビが繁殖し、悪臭の原因になります。
いざ掃除をしようと思っても、汚れが頑固になっていて、落とせなくなっていることもあるでしょう。

また、配管が詰まってしまう心配もあります。
配管が詰まると水が流れないだけでなく、これまた悪臭の原因になります。

ゴミが溜まると掃除ができなくなり、掃除をしないとさらにゴミが溜まってしまいます。
このような悪循環に陥らないためにも、ゴミが溜まり始めたら早い段階で対処することが大切です。

□まとめ

今回は、ゴミ屋敷が健康に与える悪影響と、ゴミを溜めることのデメリットを紹介しました。
ゴミは溜めてしまわず、こまめに捨てるようにしましょう。
当社ではゴミ回収や室内清掃のサポートを行っております。
名古屋でゴミについてお困りの方はお気軽にご相談ください。

一覧に戻る

  • サービス事例
  • 取り扱い品目
  • サービス紹介
  • 買取・回収の流れ