買取日誌
  • サービス事例
  • 取り扱い品目
  • サービス紹介
  • 買取・回収の流れ
  • 無料お見積もり

2021/03/16

ガスコンロの処分方法とは?名古屋の不用品回収業者が説明します!

ガスコンロの処分にお困りの方はいらっしゃいませんか。
ガスコンロは正しく扱わないと事故が発生する危険もあるため、どう処分すれば良いか分からないという方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、ガスコンロの処分方法と処分の際の注意点をご紹介します。
処分する際の参考にしていただければ幸いです。

□ガスコンロの処分方法とは?

ガスコンロはどのように処分すれば良いのでしょうか。
ここでは、4つの処分方法を紹介します。

1つ目は、粗大ごみとして処分することです。

据え置き型のガスコンロは、自分でガスホースを取り外して、粗大ごみに出せます。
自治体に回収の依頼をして粗大ごみ処理券を入手し、処理券を張り付けて、決められた日にちに指定された回収場所に出しましょう。
粗大ごみとして出す場合は、くれぐれも自治体のルールを守って処分してください。
システムキッチンに組み込まれているビルトインコンロの処分は専門業者に任せるのが普通です。

2つ目は、リサイクルショップに持ち込むことです。

処分したいガスコンロがまだ問題なく使えるようであれば、リサイクルショップに売却できます。
基本的にそれほど高い価格にはなりませんが、ゴミにならないので環境に優しいといった利点がありますね。

3つ目は、不用品回収に出すことです。

自分で処分するのが面倒な方や、時間の無い方は不用品回収に出すのがおすすめです。
自宅まで回収に来てくれるため、便利なサービスとなっています。
ただし、中には悪徳業者や違法業者も存在するため、注意が必要です。

4つ目は、産業廃棄物処理業者に依頼することです。

産業廃棄物処理業者も、ガスコンロの処分を行っています。
ただし、料金が高くなる傾向にあります。

□ガスコンロを処分する際の注意点とは?

ガスコンロは、ガスや火が関係する危険物でもあるため、処分には注意が必要です。

処分の際には、

・元栓を閉めてから取り外しを行う
・ガスホースが抜けない場合は無理に抜こうとせず、ハサミやカッターナイフで切断する
・ガスホース内に残ったガスを抜く
・タバコなどの火気がある状況で作業しない

といった点に注意しましょう。

□まとめ

今回は、ガスコンロの処分方法と処分の際の注意点について解説しました。
処分の際は、正しく安全に作業することを心がけましょう。

当社では、みなさまに満足いただけるよう不用品回収を行っています。
名古屋で不用品回収をお考えの方は、お気軽にご相談ください。

一覧に戻る

  • サービス事例
  • 取り扱い品目
  • サービス紹介
  • 買取・回収の流れ