買取日誌
  • サービス事例
  • 取り扱い品目
  • サービス紹介
  • 買取・回収の流れ
  • 無料お見積もり

2021/03/08

名古屋で不用品回収をお考えの方へ!回収できないものとは?

不用品の処分にお困りの方はいらっしゃいませんか。
そのような場合は、不用品回収業者に依頼するのが便利です。
ただし、どんなものでも回収できるわけではないため、注意が必要です。
そこで今回は、不用品回収ではどんなものが回収できないのか、といったことについて解説します。

□不用品回収で回収できないものとは?

スムーズに不用品回収を行うためにも、回収できない品目は事前に把握しておくことをおすすめします。
ここでは、回収できないものを3つ紹介します。

1つ目は、食品・生き物です。

食品や生き物、あるいは生き物の死骸は回収できません。
臭いが発生しやすいものは自分で処分する必要があります。

食品を捨てる際は、各自治体で決まっているルールに従って処分しましょう。
生き物の死骸は、保健所に引き取りを依頼できます。

2つ目は、中身が入っているガスボンベやスプレー缶です。

中身が入っている場合は危険物となるため、基本的に回収できません。
処分する場合は中身を使い切る必要があります。

3つ目は、医療器具です。

注射針や点滴といった医療器具は、不用品回収業者では回収できません。
処分する場合は、特殊な業者に依頼する必要があります。

□回収できないと考えられがちな不用品とは?

回収できない不用品を3つ紹介しました。
一方で、回収できないように思えて、実は回収可能な不用品もあります。

*リサイクル品目

テレビや冷蔵庫、エアコンといったリサイクル品目は、「家電リサイクル法」という法律によって粗大ごみとしての自治体の回収ができなくなっています。
しかし、不用品回収業者であればこうしたリサイクル品目も回収可能です。

*植栽や土、コンクリートブロック

食品や生き物の回収ができないため、植栽や土も回収できないと考える方は多いかもしれません。
しかし、植栽や土に関しては回収可能となっている場合が多いです。

一戸建て住宅の場合、植栽や土、コンクリートブロックといった、ガーデニング関係の不用品が発生することも少なくないでしょう。
こういった不用品は処分が大変ですので、不用品回収業者を頼ると良いでしょう。

□まとめ

今回は、不用品回収できないものと、できないように思えて実はできるものを紹介しました。
業者によって取扱品目は異なる場合があるため、事前に問い合わせると良いでしょう。

当社では、みなさまの不用品回収のお手伝いを行っております。
名古屋で不用品についてお困りの方はお気軽にご相談ください。

一覧に戻る

  • サービス事例
  • 取り扱い品目
  • サービス紹介
  • 買取・回収の流れ