買取日誌
  • サービス事例
  • 取り扱い品目
  • サービス紹介
  • 買取・回収の流れ
  • 無料お見積もり

2020/12/15

怪しい不用品買取業者を見分けるためのポイントついて名古屋の専門業者が解説!

業者に不用品買取の依頼をすると、収入を得られる場合があります。
しかし、中には悪徳な不用品回収業者も存在しているため、しっかりと見極めなければなりません。
ここでは、怪しい不用品回収業者を見極めるためのポイントをご紹介していきます。
トラブルを未然に防ぐために、ぜひ参考にしてみてください。

□悪徳な不用品買取業者による被害
悪徳な業者に不用品買取を依頼すると、さまざまなトラブルに巻き込まれてしまいます。
例えば、不用品買取を口実に、強引に貴金属を安値で買い取られてしまいます。
高圧的な態度で接してくるため、なかなか追い返せず、結局言われた値段で売ってしまうこともあるでしょう。
このような被害は、特に高齢の女性に多いです。
独立行政法人国民生活センターの報告によると、悪徳業者の被害に遭った方の割合は、60歳以上の方が約65パーセントを占めています。
また、性別ごとに割合を見てみると、女性が全体の約80パーセントを占めています。
このように、高齢の女性は被害に遭いやすいため、気をつける必要がありますね。
悪徳業者は、価値のあるものをまとめて安値で買い取ろうとするため、終活をしている高齢者は特に狙われやすいです。
高齢者が被害に遭わないためには、周りの家族が十分に注意を払っておく必要があるでしょう。
トラブルを未然に防ぐためには、業者が守るべきルールや、消費者を保護する制度について知っておくことが大切です。
制度やルールについて知っておくことで、悪徳業者をしっかりと追い返せるでしょう。

□トラブルを未然に防ぐための法律について解説
悪徳業者による被害が拡大していることを背景に、2013年2月に特定商取引法が改正されました。
改正後は、商取引の規制対象に「訪問購入」が追加され、悪徳業者による不当な買取が厳しく取り締められています。
具体的には、要請をしていないのに突然訪問して買取を勧誘をする行為、何度もしつこく勧誘する行為などが規制対象になっています。
また、最初に明示した品物以外の物を買い取ろうとする行為も規制対象となっています。
これらの行為を報告すれば、その業者は業務改善の指示または、業務停止命令・業務禁止命令などの行政処分を受けることになります。
悪質であれば、罰金の対象となる場合もあるでしょう。
これらのルールを知っておけば、強気な態度で悪徳業者を追い返せますね。
また、悪徳業者と取引をしてしまった場合も、以下のような制度を知っておくことで、トラブルを回避できるでしょう。
特定商取引法では、消費者を保護するための制度が定められています。
クーリング・オフ制度では、申込みまたは契約をした後に、8日以内であれば契約を無条件で解約できます。
この制度を利用するには、法で定められた書面が必要になります。
解約するときのことも考えて、不用品買取を依頼するときは、しっかりとした契約書面を用意してもらうようにしましょう。
この書面を交付することは、業者の義務となっています。
契約内容を書面に残そうとしない怪しい業者とは、契約を結ばないようにしましょう。
また、契約時に業者が意図的に必要な情報を伝えなかった場合、契約に承諾した意思表示を後から取り消せます。
一度契約に承諾したからと言って、簡単に諦めないことが大切ですね。

□怪しい業者を見分けるためのポイントを紹介
不用品買取に関するトラブルに巻き込まれないためには、怪しい訪問員を見分ける必要があります。
ここでは、不用品買取に訪れる怪しい訪問員を見分けるためのポイントを3つご紹介していきます。
まず、貴金属に執着してくる訪問員には気をつけましょう。
最初は、家具や衣類などの品物を明示してきますが、少しずつ貴金属はないか執拗に聞いてくる場合があります。
買い取ってもらうつもりのなかった貴金属を、話の流れで渡してしまわないように気をつけましょう。
また、なかなか諦めてくれない訪問員にも気をつける必要があります。
中には、対応してくれるまでドアを叩いてくる、悪質な訪問員も存在しています。
貴金属がないかしつこく聞かれることもありますし、契約を断ってもなかなか帰ってくれないこともあります。
強引に買取にこぎつけようとしてくる訪問員には、警戒心を強めて、いざとなったら特定商取引法の制度を持ち出して、引き取ってもらいましょう。
素性を明かさない訪問員には、特に気をつける必要があります。
素性が分からないと、警察や消費生活センターに被害を報告したとしても、業者に逃げられてしまいます。
中には偽の会社の情報を提示してくる業者もあるので、相手の素性を探って怪しいと思ったら、会社の名前や住所をインターネットで検索してみましょう。
素性が明らかではない業者は信用できないため、きっぱりと買取を断ることが大切です。

□まとめ
素性を明かさない不用品回収業者には、特に気をつけたいですね。
話していて怪しいと思ったら、きっぱりと断るようにしましょう。
当社は、名古屋周辺で不用品回収や不用品買取をしている専門業者です。
見積もりがスマホで簡単にできるため、ぜひお気軽にお問い合わせください。

一覧に戻る

  • サービス事例
  • 取り扱い品目
  • サービス紹介
  • 買取・回収の流れ