買取日誌
  • サービス事例
  • 取り扱い品目
  • サービス紹介
  • 買取・回収の流れ
  • 無料お見積もり

2020/11/29

名古屋でゴミが捨てられないと困っている方必見!ゴミ屋敷の問題点を解説!

周りに、ゴミをため込んでしまう人はいませんか。
物がなかなか捨てられず、部屋の中が散らかってしまうという人は多いのではないでしょうか。
ここでは、家をゴミ屋敷にしてしまう人の特徴と、ゴミ屋敷の問題点について解説をしています。
物がなかなか片付けられない方は、参考にしてみてください。

□ゴミをため込んでしまうのは病気なのか

最近テレビなどで、ゴミ屋敷が近所迷惑になっているニュースを目にしたことはありませんか。
ゴミ屋敷の問題が表層化してくると、この現象に原因を求めたくなりますね。
そこで、ゴミをため込んでしまうのは精神疾患の一種なのではないかという考えが、一般に流布するようになりました。
実際に、世界中で使われているアメリカ精神医学会の診断マニュアルには、2013年から「ため込み症」という病名が掲載されています。

ため込み症とは、どのように捉えられているのでしょうか。
ため込み症には、主に以下のような特徴があると考えられています。

物を処分しようとすると精神的な苦痛を伴うため、なかなか物が捨てられません。
実用性のなくなった物をいつまでも保持してしまうのです。
故障した物や使い道のない物も、なかなか手放せないのですね。

物が捨てられないと、部屋の中はゴミがたまっていくばかりです。
そのまま放置をしていると、そのうち足の踏み場もなくなり、移動が困難になってきます。
こうなると、居住空間が本来の役割を果たせなくなってしまいますね。
ドアが開けられなくなったり、必要な物の紛失が多くなったりするでしょう。

ため込み症の方は物を捨てられないが、このような環境になってくると、今度は快適な生活を送れないことから精神的な苦痛を感じてしまいます。
このように、1人ではなかなか解決をすることが難しいことから、病気として扱うことで、原因や治療法が探求されるようになったのかもしれませんね。

□ゴミ屋敷の問題点を解説

部屋にゴミをため込んでしまうことは、そこに住んでいる本人だけの問題ではありません。
ゴミ屋敷は、近隣の住民に迷惑をかけてしまう可能性があるのです。
ここでは、周りに迷惑をかけてしまうゴミ屋敷の問題点について解説をしています。

ゴミをため込むことで最も注意しなければならないのは、火災事故です。
ゴミと火災の関連が何かわからない方も多いでしょう。
ゴミ屋敷にはホコリがたくさん出ており、それに引火してしまう危険性があるのです。

トラッキング火災には、特に注意をしなければなりません。
長時間差し込んだままになっているコンセントにホコリがたまっていると、そこから発火してしまうことがあるのです。

また、ゴミがたまっていると一般的な住宅に比べて火が回りやすいため、大規模な火災事故につながりかねないですね。
近隣の家に火が燃え移ったら、大変なことになります。

ゴミをため込んでしまうと、悪臭が発生するという問題点は思いつく方も多いのではないでしょうか。
自分の家の中だけならまだ良いですが、ゴミを長時間放置していると、悪臭は外まで届くようになります。
腐食した生ゴミは、特に強烈な臭いを放ちます。
悪臭がきっかけで近所トラブルに発展してしまうケースもあるため、注意したいですね。

何も言われないとしても、近隣の住民は不快感を持っている可能性があります。
自分の家の悪臭に気がついたら、周りに言われる前に早めに対処をするのが良いでしょう。

ゴミをため込んでいると、悪臭だけではなく害虫も発生させてしまいます。
ゴミのあるところには、ゴキブリやハエなどの害虫が集まってくるでしょう。
また、それらの害虫を餌にする、ネズミやハクビシンが住み着いてしまうこともあります。

害虫獣は、ゴミ屋敷を拠点として周りの住宅にも侵入していくでしょう。
不潔感があるだけではなく、病原菌を持ち込んでくる可能性もあるため、注意をしたいですね。

□ゴミ屋敷を解決するには

ゴミ屋敷にはさまざまな問題点がありますが、どうやって解決をすればよいのでしょうか。
ゴミをため込んでしまう、ため込み症が治療されるようになれば良いのですが、現段階では原因も有効な治療法も分かっていません。

外部から強制的に物を処分させる方法もありますが、それでは精神的なバランスが崩れて大きな苦痛を与えてしまう可能性があります。
ショックから、急死させてしまうことさえ考えられます。
取り返しのつかないことにならないためにも、強制的に処分させるのではなく、本人に寄り添って対策を考えることが大切ですね。

少しずつ物を捨てていきたいとお考えの方は、ぜひ当社にお問い合わせください。
ゴミ屋敷から抜け出すためのお手伝いをさせていただきます。

□まとめ

最近になってから、ため込み症という病名が使われるようになりましたが、具体的な原因や治療法は分かっていないのですね。
家をゴミ屋敷にしてしまう人は、少しずつ物を減らしていってみてはいかがでしょうか。
当社にお問い合わせいただければ、部屋のお片付けのお手伝いをさせていただきます。
ぜひお気軽にご連絡ください。

一覧に戻る

  • サービス事例
  • 取り扱い品目
  • サービス紹介
  • 買取・回収の流れ