買取日誌
  • サービス事例
  • 取り扱い品目
  • サービス紹介
  • 買取・回収の流れ
  • 無料お見積もり

2020/11/15

どこからがゴミ屋敷なのか?名古屋の不用品回収業者が基準について解説!

皆さん多少はゴミをため込んでしまうこともあるかと思いますが、どこからゴミ屋敷と呼ばれるようになるのでしょうか。
ゴミ屋敷になると、本格的に何か手を打たなければなりません。
ここでは、ゴミ屋敷のレベルや基準について解説をしています。
ついゴミをため込んでしまうという方は、ぜひ参考にしてみてください。

□ゴミ屋敷のレベルについて解説

ついゴミをため込んでしまうという感覚は、ほとんどの人が共感できるものなのではないでしょうか。
掃除をするのが面倒で、放ったらかしにしてしまうこともありますね。

それでは、どこからがゴミ屋敷となってしまうのでしょうか。
明確な基準はありませんが、ここでは段階を分けて、ゴミ屋敷の進行度を解説しています。
ゴミをため込んでしまう方は、自分の住宅がどれくらいゴミ屋敷化が進んでいるのか、ここで紹介する基準を参考にして確かめてみてください。

まず、ゴミがどれだけ床に散乱しているかで、ゴミ屋敷の進行度を見ていきます。
床の50パーセントがゴミで埋まっている段階では、まだゴミ屋敷とは言われないでしょう。
ところが、油断をしているとすぐに床はゴミで埋め尽くされていきます。
この時点で危機感をもって。早めに処分をしておくことが大切ですね。

床がみっちりゴミで埋もれてしまったら、ゴミ屋敷と言われても否定はできません。
ここまでくると、生活に支障をきたしてくるのではないでしょうか。
足場がなくなり動きにくくなるだけではありません。
ゴミに埋もれて、必要な物が紛失してしまうことも考えられるでしょう。

床が埋もれているだけであれば、そのゴミを処分すれば部屋はきれいになります。
大きい部屋でなければ、自分一人で掃除をすることも可能でしょう。

ところが、このゴミを放置していると厄介な問題が発生します。
生ゴミから嫌な臭いが漂い、害虫が発生してしまうのです。
不衛生な環境で生活をしていると、精神的な面でも影響が出てきてしまいますね。

また、悪臭や害虫は自分の部屋の中だけではなく、近隣の住民にも迷惑をかけてしまう可能性があります。
このような状態になってしまった部屋を、一人で片付けることはとても大変ですね。
事態がさらに深刻化する前に、専門業者に早めに清掃の依頼をすることをオススメします。

悪臭や害虫が周りの住民を悩ませているのにも関わらず、この状態を放置していたら、強制撤去をされても仕方がありません。
ゴミで溢れている住宅は、景観的にも良くないですね。
ゴミ屋敷の強制撤去については、行政の条例によって定められているため、地域によって対応はさまざまです。

□ゴミ屋敷と判断するための基準について解説

景観を大切にする京都市では、ゴミ屋敷の問題に対して先進的な取り組みが行われています。
京都市には、通称ゴミ屋敷条例というものがあり、ゴミ屋敷を判別するためのチェックシートが作成されています。
明確な基準を設けることで、ゴミ屋敷への対応がスムーズに進むようになるのですね。
ここでは、そのチェックシートに記された基準を参考に、ゴミ屋敷において注意するべきポイントを解説していきます。

ゴミ屋敷かどうかを見分けるときの観点は、大きく分けて4つあります。

1つ目は、害虫やネズミの発生です。
害虫やネズミが発生している家は、とても不衛生ですね。
多数発生しているほど、事態は深刻でしょう。

2つ目は、悪臭の発生です。
悪臭は、近隣の住民にも直接迷惑をかけてしまうため注意が必要です。

3つ目は、火災発生の危険性です。
ゴミが大量にあると、不注意で火が引火してしまう危険性がありますね。
また、火が燃え移りやすく、大規模な火災被害につながってしまうかもしれません。
景観や衛生の面だけではなく、防災の面でもゴミ屋敷は問題なのですね。

4つ目は、通行上の危険性の発生です。
ゴミが家の外にはみ出していると、通行人や通行車の邪魔になってしまいます。
外にはみ出たゴミが原因で、交通事故が発生してしまうことも考えられますね。

ゴミ屋敷であるかどうかは、主にこれらの4つの観点の元で判断されます。

□ゴミ屋敷になる前に清掃を依頼する

これまでに説明してきたゴミ屋敷の基準を参考にして、自分も怪しいなと思ったら、なるべく早めに専門業者に清掃の依頼をすることをオススメします。
ゴミをため込んでしまうクセがある方は、一度専門業者に部屋をきれいにしてもらってみてはいかがでしょうか。
部屋がきれいになると気持ちもリセットされて、清々しい気持ちで新しい生活を始められるかもしれません。

名古屋周辺にお住まいの方は、ぜひ当社にお問い合わせください。
ゴミの処分だけではなく、消臭や除菌も同時に行っております。

□まとめ

ゴミ屋敷にもレベルがあり、深刻になると強制撤去をされてしまうこともあるのですね。
なかなか掃除に手を付けられないで悩んでいる方は、事態が深刻化する前に、専門業者に相談することをオススメします。
当社にお問い合わせいただければ、無料で清掃の見積もりをさせていただきます。
ぜひお気軽にお電話ください。

一覧に戻る

  • サービス事例
  • 取り扱い品目
  • サービス紹介
  • 買取・回収の流れ