買取日誌
  • サービス事例
  • 取り扱い品目
  • サービス紹介
  • 買取・回収の流れ
  • 無料お見積もり

2020/09/08

冷蔵庫を処分したい方へ!名古屋の不用品回収業者が処分方法をご紹介

「名古屋にお住まいの方で新しい冷蔵庫を買いたいので、古い冷蔵庫を処分したい」という方はいらっしゃいませんか。

冷蔵庫を処分したことがなく、どのように処理すれば良いか分からないという方も多いでしょう。
そこで今回は、名古屋の不用品回収業者が冷蔵庫の処分方法をご紹介します。

□冷蔵庫は粗大ごみとして捨てられない

皆さん、冷蔵庫を処分するとなったら何を思いつくでしょうか。
冷蔵庫を粗大ごみとして捨てると考えた方も中にはいらっしゃるかもしれません。

まず皆さんに知っていただきたいのは、冷蔵庫は粗大ゴミとして捨てられないということです。
なぜなら、「家電4品目」に指定されている冷蔵庫を処分する際は、家電リサイクル法にもとづいて処分することが義務付けられているからです。

家電リサイクル法が制定されたのは2000年で、2000年以前は冷蔵庫も粗大ごみで捨てていても大丈夫でした。

では、なぜ家電リサイクル法が成立されるようになったのでしょうか。

理由としては2つあり、1つ目は資源を確保するためです。
時代が発展していくにつれ資源の枯渇問題はより深刻になっていくので、資源を無駄にしないことが大切です。

冷蔵庫には有価金属、鉄、プラスチックなどが含まれており、再利用できる材料資源が豊富だったため、粗大ごみで捨てることを禁止したのでしょう。

2つ目は廃棄された冷蔵庫の処理が難しいことが挙げられます。
処理が難しいと、ごみ処理施設では別々で処理する必要があり、区別が面倒であるため、家電リサイクル法が成立されました。

また、近年自治体の許可を取らず、無許可で回収しようする業者もいます。
彼らは無料と言っておきながら、荷物を詰め込んだ後に「全てが無料ではない」と高額の請求をしてきます。

もし、無許可の業者に製品を引き渡すと、不法投棄や不適正処理になってしまう場合がありますので、気を付けましょう。

□冷蔵庫の買取について

冷蔵庫を処分する前に、まずお持ちの冷蔵庫の価値を確認しましょう。
使用している年数や状態によって買取価格が異なる場合もありますが、値段が付くのであれば売りたいですよね。

冷蔵庫の買取価格は、状態やモデルが大きく関係しています。
また、製造年からどのくらい経っているかも買取価格の重要な指標になっており、一般的には製造から5年以内のものが買取の対象になります。

では、冷蔵庫を買い取ってもらいたい場合どのようにすれば良いのでしょうか。

1つ目の手段としては、ネットオークションやフリマアプリを利用して販売するというものです。
近年利用する人が増えてきているネットオークションやフリマアプリで、冷蔵庫を出品してみましょう。

とにかく安く冷蔵庫を手に入れたいというお客様もいるので、古くても使用する際に問題がない程度の冷蔵庫であれば、需要はあります。

売る側も買う側もお得な方法なのですが、買い手が現れず、処分するまでに時間がかかることや出品するのが面倒というデメリットも存在します。

先ほど挙げたデメリットを気にする方もいらっしゃると思いますので、そんな方には専門の業者に依頼して対応してもらう方が良いでしょう。

クリーンスタッフでは、スマホで写真を撮るだけの簡単無料見積りを行っています。
冷蔵庫の買取に時間をかけたくない方には専門の業者に依頼することをおすすめします。

実際に冷蔵庫を買取に出す際には、他の家電製品と一緒に売ることで査定額がアップするケースもあります。

また、中古であっても冷蔵庫がキレイだと使用感を減らせますので、事前に冷蔵庫の掃除をしておきましょう。

少し掃除するだけで、査定する側の印象も変わってくるので、抜かりなくキレイにしておきましょう。

□冷蔵庫の処分方法とは

買取してもらえなかった場合、もしくはできそうにない場合は冷蔵庫を処分するしかありません。
処分する方法はいくつかありますので、順にご紹介します。

*指定場所へ持ち込む

使わなくなった冷蔵庫を全国にある指定取引場所へ直接持ち込んで処理する方法があります。

あらかじめ郵便局にて、家電リサイクル券を受け取り、必要事項の記入をします。
記入し終えたらリサイクル料金を支払いましょう。

取引場所には自分で持ち込む必要がありますが、収集運搬費用はかからないので手頃な値段で処分できます。
また、指定取引場所は一般財団法人家電製品協会で確認できます。

*販売店に引き取ってもらう

新しい冷蔵庫を購入せず処分だけしたい場合は、過去に冷蔵庫を購入した店舗に連絡して引き取ってもらいましょう。

費用としてはリサイクル料金と収集運搬料金が必要です。
費用はかかるものの、家電4品を扱っている販売店であればどこでも利用できるので、汎用性が高く、利用しやすいです。

*不用品回収業者に依頼する

不用品がたくさんある場合は、不用品の回収業者に依頼することがおすすめです。
回収業者に依頼する最大のメリットは不用品を回収するために、指定した日時に取りに来てくれることです。

自分で冷蔵庫を持っていくのは時間も労力もかかるので、かなりの負担になるでしょう。

不用品がたくさんある方がお得な理由は、冷蔵庫だけ回収するのと他の製品も回収するのとで、値段が変わらない場合が多いからです。
よって、冷蔵庫だけでなく他にも処分したいものがある人はぜひ使ってみてください。

クリーンスタッフでは、不用品買取、不用品回収を行っているので、もし買取できなかった場合でもそのまま回収できるため、手間が少なくなります。

□まとめ

今回は、冷蔵庫の処分方法についてご紹介しました。
冷蔵庫は、状態や利用年数に応じて買取できるかが決まります。

大型の電化製品を処分することはあまりないと思いますので、何を利用して処分すれば良いか迷われる場合は、一度専門の業者に依頼して確認してもらうことをおすすめします。

一覧に戻る

  • サービス事例
  • 取り扱い品目
  • サービス紹介
  • 買取・回収の流れ