買取日誌
  • サービス事例
  • 取り扱い品目
  • サービス紹介
  • 買取・回収の流れ

2020/06/22

名古屋で不用品回収を検討中の方へ!注意すべきリサイクル家電とは?

家電が不要になった時の処分方法として、不用品回収業者の利用を検討している方も多いのではないでしょうか。

実は、不用品回収を利用する時には、リサイクル家電に注意が必要です。
また、無許可の違法な回収業者にも気を付けなければなりません。

そこで今回は、適切なリサイクル家電の処分方法について解説します。

□そもそもリサイクル家電とは

リサイクル家電とは、家電リサイクル法の対象となるエアコン、テレビ、冷蔵庫や洗濯機などの家電4品目を指します。
現在では、これら4品目だけでなく、小型リサイクル家電法によってアイロン・ゲーム機・ドライヤーも対象となっています。

家電リサイクル法は、これらの廃家電から部品や材料を取り出して再利用することで、廃棄物の量を減らすだけでなく、資源の有効な活用を推し進める法律です。

□リサイクル家電はどのように処分するのか

*家電リサイクルの流れ

まず、処分したい家電が対象品目に含まれるか確認します。
業務用に製造されたものは、対象品目に含まれないので注意しましょう。

回収方法は、お店で引き取ってもらう方法と、指定取引所に直接持ち込む方法があります。

家電量販店で回収してもらう場合には、各店舗ごとに条件が設けられています。
よって、回収を依頼する場合は、まず店舗にメールや電話で条件について確認しておきましょう。

また、お店に家電を引き取ってもらう場合には、新しい製品に買い替える場合と処分のみを行う場合に区別されます。

新しい製品に買い替える場合は、新しい製品を購入するお店に引き取ってもらいます。
買い替えの条件を満たしていなければ、対応してもらえないので、条件や回収方法を店舗に問い合わせて確認しておきましょう。

一方で、買い替えせず処分のみの場合は、購入したお店に引き取ってもらいます。
お店ごとに引き取り方法は異なるため、直接お店に問い合わせましょう。
どこのお店で購入したのかわからない場合には、住んでいる自治体の案内する方法に従って処分しなければなりません。

*リサイクル料金を支払わなければならない

リサイクル料金の支払いには、2種類あります。
郵便局にある「家電リサイクル券用紙」を使う方法と、引き取ってもらう家電量販店に直接支払う方法です。
メーカーごとにリサイクル料金は異なるので、メーカーのホームページで調べるようにしましょう。

引き取ってもらう場合には、指定の日時に引き取りを行うお店やその委託を受けた回収業者が引き取りきます。
回収してもらうには、回収時または店頭で、「家電リサイクル券」に必要事項を記入しなければならないので、あらかじめ記入しておくようにしましょう。

□不用品回収業者がリサイクル家電を引き取ることは可能?

結論から申し上げますと、不用品回収業者がリサイクル家電を引き取ることは可能です。
しかし、一般の家庭から出るゴミは、一般廃棄物と区別されており「一般廃棄物収集運搬業許可」を持っていなければ回収することはできません。

*違法回収業者には要注意

街中を巡回したり、ウェブ等で無料回収を広告したりする業者の中には、廃家電の収集や処分を無許可で行う業者がいます。
とはいっても、このような宣伝方法を用いる回収業者の全てが、無許可の違法な業者とは限りません。

許可または委託されている合法的な業者であれば、かならず許可番号を所持しています。
少しでも怪しいと感じたら「一般廃棄物収集運搬業許可」の許可番号が車両の見える位置に貼ってあるのか確認しましょう。

注意すべきポイントとしてリサイクル家電は、一般廃棄物にあたるため、会社から出る産業廃棄物の処分を扱う業者とは別の許可が必要になります。
「産業廃棄物収集運搬業許可」と「一般廃棄物収集運搬業許可」は、しっかりと区別しておきましょう。

無許可の回収業者では、回収された廃家電を不法投棄したり、環境対策を行わずに廃家電を破壊したりと、不適正な処理が行われる事例が多くあります。
当然、このような無許可の不用品回収業者は、法的な罰則が課せられます。
しかし、これは業者だけでなく、回収を頼んだ者も法的に罰せられる可能性があるのです。
よって、適切な不用品回収業者なのかの確認は、とても重要なポイントになるでしょう。

正しいリサイクル家電の処分方法を知ることは、環境だけではなく、自分の身を守ることにもつながります。
不用品回収業者を利用する時は、上記で説明した見分け方等は覚えておくようにしましょう。

当社では、自治体からの許可を取得し、リサイクル家電の引き取りも行なっておりますので、お気軽にご相談ください。
また、状態が良好なものは、買取も行っております。
リサイクル家電に含まれるものは、大型な家電が多いので、手間と費用から考えても不用品回収業者を利用して処分するのがおすすめです。

□まとめ
今回は、リサイクル家電を正しく処分するために、家電リサイクル法と処分する時の注意点についてご紹介しました。

国から無許可の回収業者を見分ける知識は、環境と自分の身を守ることに役立ちます。

ぜひ、リサイクル家電の処分を検討されている方は、今回の記事を参考にしてみてください。

一覧に戻る

  • サービス事例
  • 取り扱い品目
  • サービス紹介
  • 買取・回収の流れ