買取日誌
  • サービス事例
  • 取り扱い品目
  • サービス紹介
  • 買取・回収の流れ

2020/06/08

名古屋にお住まいの方へ!子供用品の処分は不用品買取がおすすめ?

子供の成長にともなって、必要なものは次々に変化し続け、ベビーカーや思い出のおもちゃは不用になってきてしまうものです。
使わなくなったおもちゃは、一旦物置に詰め込んでも、いずれは処分しなければなりません。

そこで今回は、不用品買取業者に依頼するメリットをご紹介します。

□子供用品はすぐに不用品に変わる

子供用品と呼ばれる哺乳瓶やおもちゃ、ベビーカー、洋服など子供が使うものは性質上、すぐに不用品に変わります。
なぜなら、子供の体は短期間で大きく成長するため、サイズに合わせて買った服や机はすぐに不用品になってしまうのです。

また、子供は、精神面において変化が激しい時期なので興味の移り変わりも早く、欲しがっていたおもちゃも数回遊んだだけで飽きてしまうこともよくあります。

いらなくなった時点で弟や妹、知人の子供にあげたりできれば良いですが、なかなかそれもできず、置き場に困ってしまう子供用品も多いでしょう。
特に、高価なおもちゃや洋服、ベビーカーなど比較的高価な子供用品は捨てる決心がつかずに、とりあえず取っておく方も少なくありません。

しかし、必要な子供用品は、子供の成長に合わせて買い換えていかなければならないので、増えていく一方になります。
よって、限りある収納スペースに、いつまでも取っておくわけにもいきません。
子供の進学や部屋の模様替えなどのタイミングで、使わない子供用品の処分を検討しましょう。

□子供用品は不用品買取業者の利用がおすすめ

子供用品の処分方法は、リサイクルショップに売却する、フリーマーケットに出店する、インターネットオーケションやフリマアプリを利用するなど、いくつかあります。

子供用品は、使用する期間が短い割に比較的高価なものが多いため、中古市場が活発になっています。
使用期間が短いことから、中古品でも綺麗な状態で新品同様に使用できる場合が多いでししょう。

しかし、一括りに子供用品といっても、中古でよく売れる商品はある程度決まっています。
例えば、ベビーバスやベビーチェアなどは、使用時間が非常に短く、中古品でも新品と遜色ない場合が多いので、中古市場で人気です。

一方で、おもちゃや哺乳瓶のような噛んだりくわえたりして、口に触れる機会が多いものは、中古で買い取ってもらえるケースが少ないです。

また、処分しようとしているもののサイズが大きかったり、量が多かったりすると、フリーマーケットで出品するために持ち運ぶのが難しい場合もあるでしょう。
さらに、インターネットオークションやフリマアプリで、送料が高くついてしまう場合も少なくありません。

ダンボールに入るようなものであれば、宅配買取サービスを展開しているリサイクルショップを利用する方法もあります。
インターネットで申し込んでから宅配便で買い取ってもらいたいものを配送し、査定してもらいます。
フリマアプリ等を利用する場合と比較すると、手間がかからない処分方法と言えるでしょう。

これは、主に大量の子供服を処分したい場合に利用されると思われますが、保存状態が良くないと買い取ってもらえないことが多いです。

一方の不用品買取業者では、多くの子供用品をまとめて手間や時間をかけずに処分したいと方におすすめです。

インターネットで探すとすぐに不用品買取業者を見つけることができますが、中には格安をうたって、回収の段階で高額な請求をしてくる業者も存在します。
見積もりの段階で対応が親切で正確な業者を見極めるように心がけましょう。

当社は、買取と回収の両方を行なっているため、買取価格から回収料金を引いた分がご利用料金となります。
したがって、リサイクルショップやフリマアプリでは、値段がつかない子供用品を格安で処分することが可能です。
実際に、買取価格がついて、プラスになるケースも少なくありません。

また、お問い合わせフォームからスマホで写真を送っていただくだけで、見積もりをご提示いたします。
お客様がご希望であれば即日対応も可能です。お見積もりにご納得いただけたら、当社のスタッフが慎重に回収させていただきます。

□不用品を高く買い取ってもらうためのコツ
汚れや欠損がある場合は、もちろん買取価格が低下してしまうので、できるだけきれいにすることが望ましいです。
また、外箱や説明書が残っているほうが高い買取価格がつきます。

子供服についてはアイロンでシワを伸ばしておく、消臭しておく良いですが、自宅で保管する機会が長いほど状態は悪くなるので、できるだけ早く買取査定に出しましょう。

なかなか子供用品を買取に出すのは勇気がいりますが、早ければ早いほど得られるメリットは大きいです。
子供用品の処分にお困りの方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

□まとめ
今回は、子供用品の処分方法について、いくつかご紹介しました。
処分したい子供用品の量や大きさ、状態によって適切な処分方法は異なります。
子供用品の処分にはできるだけお金をかけたくない方には、予算内のお見積もりをご提示いたしますので、お問い合わせフォームからお気軽にご相談ください。

一覧に戻る

  • サービス事例
  • 取り扱い品目
  • サービス紹介
  • 買取・回収の流れ