買取日誌
  • サービス事例
  • 取り扱い品目
  • サービス紹介
  • 買取・回収の流れ
  • 無料お見積もり

2020/04/29

不用品回収は業者に依頼するといくらかかるの?名古屋の不用品回収業者がご紹介します。

「不用品回収を業者に依頼したいけど、仕組みがいまいちわからない。」
「不用品回収って結局いくらかかるの?」
このような疑問を持っている方は多いと思います。

そこでここでは、名古屋の業者が不用品回収の仕組みと料金体系について解説します!

□不用品回収ってどんな仕組みなの?

不用品回収には基本的に二つの仕組みがあります。
都合に合わせて自分にあった方を選ぶと良いでしょう。

*「基本料金」+「各品目の回収料金」+「オプション料金」のパターン

まずは、最もベーシックなパターンを説明します。
これは、回収品が一品から可能なので少しだけゴミを廃棄したい場合や、自治体に頼むには運び出しなどが面倒といった場合に便利でしょう。

基本料金とは3000円から5000円ほどが相場でトラックなどのガソリン代等諸経費です。
この費用は定額であることが一般的で、無料な業者もあります。

各品目の回収料金は実際に処分する物事にバラバラに決められて料金のことで、冷蔵庫は〜円、電子レンジは〜円というように設定されていることは知っておくと良いでしょう。

オプション料金とは業者の様々なサービスを利用する上で必要になってくるお金のことです。
例えば、回収するものを4階から降ろす作業を手伝って欲しい場合や、夜遅くや朝早くに運び出して欲しい場合などは基本料金に別途でお金がかかります。

オプション料金の関係で悪事を働く悪徳業者が多いので、追加サービスにはどのようなものが含まれているのかをしっかり確認しておきましょう。

*「積み放題パック(定額料金)」+「オプション料金」のパターン

続いて積み放題パックのパターンを解説します。
積み放題パックとは不用品をトラックに乗せられるだけ乗せて回収してもらうというサービスです。
定額でトラックを借りられるのであらかじめ料金がわかりやすくなっています。
不用品の量が多い場合やゴミひとつひとつが大きい場合などは積め放題プランを利用すると良いでしょう。

また、トラックの大きさもまちまちで1トンから3トンほどの大きなトラックまで選べます。
用途に合わせてサイズを調整しつつ必要な場合はオプションを利用するといいでしょう。

*不用品回収業者の買取サービスって?

上記にある通り、不用品回収業者には様々なオプションがありますが、それとは別に業者が不用品の中でまだ使えそうなものを買取してくれるというサービスがあります。

ただ回収してもらうだけでなく、買い取ってもらえるのは業者に依頼する大きなメリットでしょう。

中には、回収にかかる費用の全額を、買い取りで得たお金でまかなえたというような事例もあります。

□品目ごとの回収料金を解説!
処分するものによってかかる費用が異なることは先ほど説明した通りですが、実際にどれだけかかるのかを紹介していきます。

材質やサイズなどによって多少の変動があるのでその分を考量して平均をとると、家具で2000円から5000円ほど、生活用品は500円から1000円ほど、スポーツ用品などは1000円から3000円ほどかかります。

具体的には、ベッドで3000円から6000円、タンスやソファーで2000円から3000円、テーブルで1000円から2000円、スキーやスノーボードの板で1000円ほどかかります。

家電リサイクル法という法律があるので、『テレビ』『エアコン』『冷蔵庫』『洗濯機』の四製品は購入したお店などに回収してもらわなければならないのですが、不用品業者がリサイクル処分を行ってくれる場合もあります。
そのようなケースでは、追加料金がかかり5000円ほどになるでしょう。

自治体に処分してもらう際の費用と比較すると、一つのものあたりおおよそ1000円から3000円ほどの差がありますが、ものによっては業者に依頼した方が安く済むこともあります。

自治体に依頼する前に、業者を検討してみることも忘れないようにしてください。

□業者に依頼するメリットは?

以上のように、業者に依頼すると自治体の回収に比べてどうしても費用がかかってしまいます。

しかし、業者に依頼すると、都合に合わせて好きな時間に回収を依頼できる、荷物を運び出す手間が省ける、ゴミの分別などをしなくてもいい、家具など大きな不用品が出ても安心、家電製品でも一緒に回収してもらえる、というメリットがあります。

全てを業者に任せてしまうと、予期せぬオプション料金がかかり高額な請求をされてしまうこともありますが、自力でできる部分とできない部分を見極めれば、業者は非常に頼りになる存在です。

反対に、どの場合も業者を頼るのではなく、少量のゴミなどは自治体を利用することも忘れないようにしましょう。

□まとめ

これまで、不用品回収業者に依頼する際にいくらかかるのかと業者の料金体系について解説してきました。

家具や電化製品の回収にいくら費用がかかるのかについて理解していただけたと思います。

業者に依頼するかお困りの際は、この記事を参考にしていただきご自身にあったサービスを利用していただけると幸いです。

一覧に戻る

  • サービス事例
  • 取り扱い品目
  • サービス紹介
  • 買取・回収の流れ