買取日誌
  • サービス事例
  • 取り扱い品目
  • サービス紹介
  • 買取・回収の流れ

2020/03/29

不用品処理を依頼する際の注意点を名古屋の業者がご紹介

「不用品処理を業者に依頼したい。何に気を付ければよいのだろう?」
不用品処理をする場合には、業者への依頼をお考えかもしれません。
トラブルの事例や注意点などを押さえた状態で、作業に臨みたいですよね。
今回は、不用品処理を依頼する際の注意点を名古屋の業者がご紹介します。

□不用品回収業者の種類

家庭内にある不用品などの廃棄物は、地方自治体での規則によって処分するのが前提です。
収集運搬に関しては、民間業者に許可を与えていることもあります。
これらの業者は、顧客から料金を受け取って、廃棄物を回収できるのです。
一方で、この許可を得ていない業者も多数存在しています。
該当する業者は、トラック一台で回っているあるいは空き地で回収をしていることが多いです。

□不用品回収のトラブルの内容について

*金銭面で揉めた

金銭面に関するトラブルは、数えきれないほどあります。
よく挙げられる事例の一つが、見積もり時と比べて高額の費用を請求されたことです。
これは、業者側が契約を取りたいがためにわざと安く見積もっている可能性もあります。
また、業者側の故意でなくても実際に行うと高くついた場合もあります。
対策では、見積もりを依頼したときに極端に安いところを選ばないのが良いでしょう。
実際の費用が高いのは対処が難しいですが、余裕のあるくらいに予算を用意するのが挙げられます。
また、業者の比較をより慎重に行うこともおすすめです。

*荷物の一部がなくなった

不用品処理を何度か経験している業者は、不用品の価値を把握しています。
悪質な業者の中には、作業中に荷物を盗むこともあるようです。
犯罪ですし、大切なものを盗られる怒りは記せない程のものですよね。
また、業者側が悪徳でない場合でも、量が多いために行方不明になるものも出てくるかもしれません。
荷物を紛失するトラブルを防ぐ方法として、作業前の部屋の様子を撮影しておくのがあります。
そうすれば、何が存在していたかを証拠として残せますよね。
また、その撮影を業者の前ですることで緊張感を与える効果もあります。

□不用品回収に必要な許可とは?

不用品の回収や処理をする際には、何もない状態で簡単に始められるものではありません。
三つの許可を得ていることが必要です。
一つ目は、一般廃棄物収集運搬業の許可で、一般家庭からごみを回収することを認めています。
二つ目は、産業廃棄物収集運搬業の許可で、法人からごみを回収する際の特認可です。
三つ目は、古物商の許可であり、回収した不用品を販売することを認めています。
これらのうち、一般廃棄物収集運搬業の許可は非常に得るのが難しいものです。
地方自治体によっては新規業者の登録が受け付けていないところもあります。
業者を選ぶ際には、これらの許可を得て活動しているかを確かめるのがおすすめです。
ない場合、見せようとしない場合には、認可されていない可能性があるので注意しましょう。

□悪徳な不用品回収業者の事例と騙されない方法

業者選びで注意したいことの要素の一つとして、費用があります。
実際に悪徳業者にまつわる被害は、費用絡みであることが多いです。
たとえば、見積もりで出張費を請求された事例はよく報告されます。
実際の価格が当初の提示よりもはるかに高かったのも、よくあるトラブルです。
たしかに、他の会社と比べて安い価格を提示されると惹かれるかもしれません。
しかし、それだけ安くしなければならないほど他に押し出すポイントがない見方もあります。
安くした分、作業が雑だったり不法に廃棄したりする事例も生じやすいです。
住まいの内部を扱う業者ですから、当然丁寧さは求められます。
安さばかりを押し出しているようであれば、避けた方が良いでしょう。
そして、費用を受け取るだけで、ほとんど何も片付けずに来なくなった事例もあります。
先払いを求めている業者は、受け取ったきり逃げる可能性が考えられます。
作業がすべて終わった後に支払う業者を選ぶ方が無難でしょう。
費用が高い件は、複数の業者を比較することである程度見極められます。
他と比べて明らかに安い業者は、わざと低く見積もっている可能性があるので注意が必要です。
また、悪徳業者の多くは、とにかく契約を取ろうと躍起です。
そこで、お得に見えるようにプランを作って提案をします。
たとえば、即決で10%オフと言われたら迷ってしまいますよね。
なかなか冷静に考えられませんが、それを逆手に取っているのです。
しかしそのまま受け入れると相手の思惑通りですから、いったん断り、冷静に考えましょう。
複数の業者を比較すると、極端な提案をする場合の異常さには気付けます。

□まとめ

今回は、不用品処理を依頼する際の注意点を名古屋の業者がご紹介しました。
不用品処理をする際には、様々な許可が存在し、持っているかで分類できます。
無許可の業者の中には、トラブルを引き起こすところも多いものです。
しっかりと注意点を押さえて、騙されないようにしましょう。

一覧に戻る

  • サービス事例
  • 取り扱い品目
  • サービス紹介
  • 買取・回収の流れ