買取日誌
  • サービス事例
  • 取り扱い品目
  • サービス紹介
  • 買取・回収の流れ

2020/03/08

名古屋にお住まいの方へ!冷蔵庫の不用品回収の方法についてご紹介!

「使わなくなった冷蔵庫を、どのように処分すればよいのか分からない」
そのようなお悩みをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか?
冷蔵庫のような大きな家電製品は、処分方法について悩まされますよね。
そこで今回は、名古屋にお住まいの方へ、冷蔵庫の不用品回収の方法についてご紹介していきます。

□冷蔵庫の処分方法について

使わなくなった冷蔵庫を処分しようと思っても、どのようにすればよいのか分からないという方も多くいらっしゃると思います。
実は、使わなくなった冷蔵庫を処分するには、いくつか方法があります。

*不用品回収・買取業者に依頼する

不用品買取・回収業者に依頼する方法は、負担が少なく、安心安全な処分方法です。
専門の業者に不用品回収を依頼することにより、運送から見積もりまでを短時間で行ってくれるので比較的便利な方法です。
使用感や傷が目立つ場合は、値段が付かないこともありますが、比較的新しい冷蔵庫であれば買取で値段が付くこともあります。
リサイクル料金と収集運搬料金をかけずに、処分できる可能性もあるので見積もりを依頼してみると良いでしょう。

*買い替え時に冷蔵庫を引き取ってもらう

新しい冷蔵庫に買い替えるときには、古い冷蔵庫を引き取ってもらえます。
新しい冷蔵庫を買う予定がある方は、同時に古い冷蔵庫の回収も依頼すると良いでしょう。
古い冷蔵庫の回収には、リサイクル料金と収集運搬料金が必要です。
また、新しい冷蔵庫を買う予定がない方でも、過去の購入した販売店に引き取ってもらう方法もあります。
同様に、リサイクル料金と収集運搬料金が必要になります。

*指定場所へ持っていく

郵便局でリサイクル料金を支払い、自力で指定場所へ持っていくという処分方法もあります。
リサイクル料金だけを負担し、収集料金がかからないので比較的安く処分できるでしょう。

□家電リサイクル法について

実は、冷蔵庫を含む家電製品の処分について、「家電リサイクル法」という法律が定められています。
正式には、「特定家庭用機器再商品化法」と呼ばれるもので、平成13年4月から施行されるようになりました。
その内容には、「小売業者には引き取りの義務」「製造業者にはリサイクルの義務」「消費者には料金支払いの義務」が書かれています。
つまり、上記の冷蔵庫の処分方法で紹介したように、販売店や購入店などの小売業者には、引き取りの義務があるので、冷蔵庫の処分を依頼しても断られることはないので安心してください。
一方で、私たち消費者には、料金を支払う義務があるので、しっかりと理解しておくようにしましょう。

□正しい処分方法について

冷蔵庫の処分方法について法律が定められていたということを初めて知った方も多いでしょう。
では、なぜ正しい処分をする必要があるのでしょうか?
それは、「無許可」の業者が少なからず存在するので、正しい処分方法が決められているのです。
無許可の業者に不用品回収を依頼すると、不法投棄や不適正処理により火災につながる事例もありました。
また、無料回収という言葉をよく目にしますが、実際は高額請求トラブルも発生しています。
リサイクル料金の例として、冷蔵庫は、「170L以下は3672円~」「171以上は4644円~」となっているので、あまりにも差がある場合は注意してください。
正しい処分方法は、環境のためだけでなく、自分のためにもなるので、しっかりと守るようにしましょう。

□冷蔵庫を運ぶ準備について

皆さんの中にも、冷蔵庫を自力で指定場所まで運ぶという方も中にはいらっしゃるでしょう。
冷蔵庫を運ぶには、ある程度準備が必要になります。
まずは、冷蔵庫の中身を空にして、電源を切ります。
製氷機能のある冷蔵庫は、運ぶ2日前には停止し、電源は1日前には切っておくと良いです。
もし、製氷機に霜がついているならば、とれるまで時間がかかるので、早めに電源を切るようにしましょう。
この際に、コンセントを抜くだけではなく、アース線まで外してください。
次に、冷蔵庫の下にある蒸発皿という部分に、水がたまっていることが多いので、蒸発皿を取り外して排水作業を行わなければなりません。
この作業を行わないと、運んでいる途中に、水が漏れてしまうことがあるので注意が必要です。
そして、冷蔵庫は、とても大きく重いものなので毛布や段ボールで周りを包み込むようにして、養生しておくとよいでしょう。
これらのことからわかるように、冷蔵庫を自力で指定場所まで運ぶのは、重労働になります。
確かに、収集運搬料金がかからずに処分することができるメリットはありますが、業者に依頼して、処分する方法が手っ取り早いと言えます。

□まとめ

今回は、名古屋にお住まいの方へ、冷蔵庫の不用品回収の方法についてご紹介していきました。
使わなくなった冷蔵庫を、どのようにして処分しようか悩んでいる方がいらっしゃいましたら、ぜひこの記事を参考に処分方法を考えてみてくださいね。

一覧に戻る

  • サービス事例
  • 取り扱い品目
  • サービス紹介
  • 買取・回収の流れ