買取日誌
  • サービス事例
  • 取り扱い品目
  • サービス紹介
  • 買取・回収の流れ

2020/01/05

ぼったくりの事例を名古屋の不用品回収業者が解説します!

自宅の不用品の処分にお悩みの方はいらっしゃいませんか?
『不用品を安く処分したい。』
『でも、違法業者にぼったくられたくない。』
このようにお考えの方もいらっしゃるかもしれません。
そこで今回は、名古屋の不用品回収業者が注意すべきぼったくりの事例について解説します。

□不用品回収のトラブルとは?

消費生活センターによれば、不用品回収に関する相談は増加傾向にあります。
いくつかの相談事例についてご紹介します。

*トラック巡回の業者に8万円払わされた

外から不用品の無料回収のアナウンスが聞こえたので、その巡回業者に回収を依頼しました。
本当に無料か心配だったので、回収前に無料であるかどうか確認しました。
回収費や運搬費はかからないとのことだったので安心しました。
しかしトラックに不用品を載せた後に、8万円を請求されました。
話が違うと反論しましたが、回収費用は無料でもリサイクル費用はかかると言われたので、仕方なく払ってしまいました。
このように無料だと思って呼び止めたのに実は有料だったというトラブルが、消費者生活センターの相談のなかで最も多いです。
スピーカーから聞こえる無料回収の宣伝や、ポストに投函されている無料チラシは多く見かけると思います。
しかし、無料回収の宣伝をしている場合は悪徳業者であることが多いです。
そのため、即日回収や格安、無料という言葉に安易に惑わされないように気をつけることをおすすめします。

*最初の見積りから回収費用が段々増えてった

チラシに回収費が格安と書いてあったので連絡しました。
引き取ってもらう不用品について事前に伝えましたが、見積りでは費用がしっかりと明記されていませんでした。
すべての不用品を引き取ってもらった後に、業者から想定以上に不用品が多かったとして、当初の見積りの金額に回収費が大幅に上乗せされました。
その場では払ってしまいましたが、後日ネットで調べたところ1万円もかからないことがわかり、ぼったくられたことに気づきました。
このように最初に正確な見積を出さない業者には要注意です。
最初に見積書の作成をしてもらい、見積書に適切な価格が明記されているかチェックすると良いです。

□まとめ

今回は、注意すべきぼったくりの事例について解説しました。
いくつかの事例をご紹介したので、悪徳業者のやり口についてわかったのではないでしょうか。
不用品回収で被害に合わないように、信頼できる業者を選ぶと良いです。
何かご不明な点がございましたら、当社までお気軽にご相談ください。

一覧に戻る

  • サービス事例
  • 取り扱い品目
  • サービス紹介
  • 買取・回収の流れ