買取日誌
  • サービス事例
  • 取り扱い品目
  • サービス紹介
  • 買取・回収の流れ

2019/11/20

粗大ごみがたまっている方へ!粗大ごみの処分にかかる費用について紹介します!

「家にいらないものが増えてきて困っている」
「粗大ごみの処分にかかる費用を知りたい」
このようなお悩みをお持ちではないでしょうか。
仕事や勉強が忙しい方は、家の掃除をする時間があまり取れず、ごみがたまることが多いと思います。
掃除をしようと思っても、粗大ごみは特に片付ける気が起きないですよね。
そこで今回は、粗大ごみを処分する際にかかる費用について紹介します。

□粗大ごみの処分にかかる費用

*自治体のゴミ回収を利用する場合

指定された有料シールを粗大ごみに貼り付け、指定された日時に出すのが自治体のゴミ回収の一般的な方法です。
処分にかかる費用は自治体によって大きく異なります。
以下は、有料シール(処分価格)の一例です。
・タンス:2200円
・エアコン:3000円
・冷蔵庫:4000円
・ベッド:1500円
・テレビ:2000円
基本的に、大きいものは処分にかかる費用は高いです。

*不用品回収業者に依頼する場合

この場合は、対応人数や運搬する車両の大きさによって費用が変わります。
また、業者によって費用が大きく異なる場合もあるので、いくつかの業者に見積もりをしてもらいましょう。
業者によっては見積もりにお金が発生することがあるので、見積もりを頼む際はしっかりと確認することが必要です。
処分にかかる費用の目安は、以下の通りです。
・パソコン:1500円
・洗濯機 :2000円から6000 円
・タンス :3000円から
・エアコン:3000円から6000円
・冷蔵庫 :3500円から
・ベッド :3500円から5500円

*買取り業者に売却する場合

処分しようと思っている粗大ゴミの状態が良い場合は、買取り業者に売却できます。
売却できる場合は、費用がかからず、売却できた分だけお金がもらえます。
また、買取り価格は、品物の状態によって大きく異なります。
まだ使えそうな家具や家電があれば、買取り業者に売却を頼みましょう。
業者によっては、宅配買取りや出張買取りに対応している所もあります。

□まとめ

今回は、粗大ごみを処分する際にかかる費用について紹介しました。
処分にかかる費用は、自治体や業者によって大きく異なります。
また、粗大ごみは買取り業者に売却できる場合もあるので、まずは見積もりの相談をしてみましょう。
今回紹介した内容を参考にして、粗大ごみを処分してみてはいかがでしょうか。
当社では、処分に関しての知識と経験が豊富なスタッフが在籍しており、不用品の回収・買取りを行っています。
電話やインターネットでの相談・見積もりを受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

一覧に戻る

  • サービス事例
  • 取り扱い品目
  • サービス紹介
  • 買取・回収の流れ