買取日誌
  • サービス事例
  • 取り扱い品目
  • サービス紹介
  • 買取・回収の流れ

2019/11/01

名古屋の業者が語る!不用品回収の際の注意点とは?

「いらないものを不用品回収してもらおうと考えている。」
「不用品回収を依頼するのは初めてのためトラブルが知りたい!」

不用品回収をこれから行おうとしている方、初めての方は少しでも安く済ませたいですよね。
しかし実際、不用品回収の際の料金などの問題は年々増えています。
そこで今回、不用品回収を業者に依頼する際の注意点をご紹介します。

□考えうるトラブル

*業者の不法投棄

回収した不用品を家の近辺に不法投棄する悪質な業者が存在します。
不法投棄された不用品は持ち主の責任になってしまうので、回収後数日経ってから役所から連絡が来て、自宅に引き取らざるを得なくなるかもしれません。
業者にお金を支払ったのに不用品が自宅に戻ってきてしまうのは損でしかないですよね。

*料金のトラブル

見積もりが異常に安い業者は要注意です。
この手の業者は安い金額を提示して仕事をもらい、不用品をトラックに積んだ後に多額の追加料金を請求してきます。
しかし、支払いを拒否すると不用品を全て自分で元に戻すことを要求されるため、払わざるを得なくなります。
見積もりが安いと感じた時は、最初に提示された料金に追加料金がないことをその業者に必ず確認してください。

*無料回収業者

無料回収とスピーカーでアナウンスしていたはずの業者に回収を頼むと、回収費用を請求してくる事例もあります。
回収が終わってから手数料などの不明確な料金を請求された上に、領収書ももらえなかったということも多々あるそうです。
お金を支払う前に領収書の発行を依頼しましょう。

□覚えておくべきこと

*自治体のサービスが利用できる

役所に事前に電話連絡を入れてから、有料の粗大ゴミ処理券を貼り付けた不用品を指定場所に置いておくと自治体が回収してくれます。
費用は安く済みますが、指定場所まで不用品を自分で持っていかなければいけません。
そのため、業者に回収を依頼する前に自分で運べる分だけ自治体に回収してもらうのも1つの手かもしれません。

*業者には資格や許可が必要

不用品回収で料金を徴収できるのは自治体の許可を得た業者のみと、法律で定まっています。
業者に依頼する際は、その業者が資格や許可を持っているかどうか必ず確認しましょう。

*複数業者の見積もりを取る

面倒に思われるかもしれませんが、複数業者の見積もりを取っておくことが、費用を安くする上で大切なことです。
自分の依頼したい不用品に合わせて最も安くなる業者を選ぶのが良いでしょう。

□まとめ

今回、不用品回収の注意点について紹介しました。
不用品回収の際のトラブルは避けたいものです。
信頼できる業者に明確な見積もりを出してもらうようにしましょう。
当社では、迅速かつ正確なお見積もりと、不用品の買取も行っています。
電話相談も受け付けておりますので、是非お気軽にお問い合わせください。

一覧に戻る

  • サービス事例
  • 取り扱い品目
  • サービス紹介
  • 買取・回収の流れ