買取日誌
  • サービス事例
  • 取り扱い品目
  • サービス紹介
  • 買取・回収の流れ

2019/10/08

名古屋で不用品回収ご検討の方必見!業者と役所のメリット・デメリット

「不用品回収を考えているけど、どこに依頼しようか迷っている。」
「役所に依頼するのと、業者に依頼するのとでどんな特徴があるのか知りたい!」

不用品回収の依頼をお考えの方々、役所に頼むべきか業者に頼むべきか悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回、役所と業者のそれぞれのメリットとデメリットを紹介します!

□役所に依頼するメリット

*業者よりも安く済む

役所に依頼する最大のメリットは、料金が安く済むことです。
必要な費用は、事前に購入しなければならない有料粗大ゴミの回収券のみです。

□役所に依頼するデメリット

*事前に手間がかかる

役所に依頼する際、多くのことを自分でやる必要があります。
回収券の購入や、指定場所まで不用品を運ばなければならないなど、時間と労力はある程度割かなければなりません。

*日時を指定できない

回収の日時は役所側のタイミングに委ねられるので、自分の都合に合わせられません。
収集日の朝8時までに指定場所まで大きな荷物を運ぶのは面倒かもしれません。

*処分できないものが多くある

役所の場合、全ての不用品が処分できるというわけではありません。
処分対象のものかどうか自分で確かめる必要があります。

□業者に依頼するメリット

*ほぼ全ての不用品の回収が可能

不用品回収業者は有害性のあるものや引火性のあるもの以外はほぼ全て回収してくれます。
また、まだ使えそうな家具や家電があれば買取も可能です。

*自宅から運び出してくれる

役所に頼む場合は不用品を自分で指定場所まで運ばなければいけませんが、業者の場合は仕分けから運搬作業まで全て任せられます。
そのため、大きな荷物を運ぶのが難しい女性や高齢の方には業者に依頼するのが良いでしょう。

*指定した日時に回収可能

業者なら、依頼者の都合のいい時間に合わせて回収できます。
さらに、急遽不用品の回収が必要になった場合、即日対応することも可能です。
また、役所の場合は回収を行っていない土日祝日でも業者は回収を行えます。

□業者に依頼するデメリット

*役所ほど安くはない

業者に依頼する場合は、役所より料金がかかってしまうというデメリットがあります。
自分の予算を考えて選択しましょう。

□まとめ

今回、不用品回収を依頼する際の役所と業者のそれぞれのメリット・デメリットについて紹介しました。
一気に大量の不用品を回収してもらいたい時は、多少費用がかかっても業者に依頼することがおすすめです。
ご自身の不用品の量と予算に合った選択をしましょう。
当社では、無料でお見積もりも行っておりますので、お気軽にご連絡ください。

一覧に戻る

  • サービス事例
  • 取り扱い品目
  • サービス紹介
  • 買取・回収の流れ