買取日誌
  • サービス事例
  • 取り扱い品目
  • サービス紹介
  • 買取・回収の流れ

2019/08/20

名古屋の専門業者が解説!壊れた電子レンジは不用品回収か粗大ゴミか?

「電子レンジが故障してしまった」
「どうやって電子レンジを処分したらいいのかな」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか?
電子レンジを処分する機会はなかなかないので、どのように処分したらいいかわからないですよね。
そこで今回は、電子レンジの処分方法を説明いたします。

□電子レンジの処分方法

電子レンジが壊れたときにどうやって処分したら良いのでしょうか?
さまざまな処分方法をみていきましょう。

*不用品回収業者に依頼する
業者は、回収した製品に使用されているパーツをリサイクルして、利益を得ます。
この回収方法では、回収スピードが優れています。

*粗大ごみで回収してもらう
行政の提供するサービスに、有料で粗大ゴミを回収するものがあります。
このサービスは各自治体の管轄です。

では、上記それぞれの回収方法のメリットとデメリットを見ていきましょう。

□不用品回収業者のメリットとデメリット

*メリット
電子レンジを早急に回収してほしいときに役立ちます。
行政のサービスでも回収はできますが、やはり処分に時間がかかってしまいます。
しかし、業者の場合、依頼からすぐに回収に来てくれます。
早くて数時間で来てくれる場合があります。
小さな子どもや高齢者がいる家庭ならば、電子レンジを渡しに行くのも困難です。
しかし、不用品回収業者に依頼すれば、早急に回収してくれるため、手間があまりかかりません。

*デメリット
行政のサービスよりも料金が高く設定されています。
回収するだけで通常よりも高い費用がかかってしまいます。
また、悪徳業者がいることも事実です。
慎重に業者を選ぶ必要があるでしょう。

□粗大ゴミ回収のメリットとデメリット

*メリット
電子レンジであれば、数百円ほどと少額で回収してもらえます。
税金によって一部が賄われているため、この価格で回収を行っています。
また、自治体が行うので問題が発生する可能性は小さいです。

*デメリット
大抵の場合、申込みから1週間ほどかかるでしょう。
また、粗大ごみ回収のタイミングは決まっているので、自分のタイミングでは出せません。
基本的に平日の昼間が多く、仕事と重なってしまう可能性があります。

□まとめ

今回は、壊れた電子レンジを処分する方法を説明いたしました。
不用品回収と粗大ごみで出す方法がありました。
子どもがいたり、平日は仕事で家にいなかったりする場合は不用品回収を利用すると良いでしょう。
業者を選ぶのが大変な方は粗大ゴミで出すという選択肢もあります。
どちらもメリットとデメリットがあるので、自分の状況に合った方を選ぶのをおすすめします。

一覧に戻る

  • サービス事例
  • 取り扱い品目
  • サービス紹介
  • 買取・回収の流れ