買取日誌
  • サービス事例
  • 取り扱い品目
  • サービス紹介
  • 買取・回収の流れ

2019/08/12

名古屋の専門業者が解説!冷蔵庫は不用品処理が向いている?

「冷蔵庫が壊れてしまった」
「どうやって処理しようかな」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか?
確かに、冷蔵庫は大きいので自分で処理するのは大変ですよね。
そこで今回は、冷蔵庫を処分する方法をご紹介します。

□冷蔵庫は家電リサイクル法が適用される

冷蔵庫が故障した場合、処分するしかありません。
その際、家電リサイクル法により、リサイクル料金を支払わなければなりません。
これに加えて、粗大ゴミとして回収してもらえません。
では、どのように処分したらいいかみていきましょう。

□冷蔵庫の処分の方法

冷蔵庫の処分方法は主に3つあります。
具体的な処理の方法を見てみましょう。

*郵便局から家電リサイクル券を購入後、指定引取場所へ
家電リサイクル券を使い、冷蔵庫を処理します。
この方法だと、このリサイクル券と指定取引所までのガソリンの費用しかかからないため、比較的安価で行えます。
しかし、冷蔵庫を指定引取場所まで運ぶのは大変です。
自力で冷蔵庫を車に積み込まねばなりません。
また、指定された場所が遠いと費用も高くなってしまいます。

*家電量販店で家電リサイクル券を購入後、回収してもらう
家電量販店で家電リサイクル券を購入し、そのまま回収してもらえます。
回収してもらうため、運搬費がかかります。
しかし、余計な手間がかからないという面ではおすすめの方法です。

*不用品処理業者に頼む
冷蔵庫をすぐに引き取ってもらいたい場合の方法です。
すぐに回収に来てもらえるので、自分の好きなタイミングで引き取ってもらえます。
また、冷蔵庫を家の中から運び出してもらえるので、運び出す手間を省けます。
専門の業者に依頼するため、スムーズな手続きが期待できます。
□悪徳業者を見抜くには

悪徳業者か見抜くためにいくつかの確認をしましょう。

*無料はありえない
冷蔵庫は家電リサイクル法により、回収にお金がかかります。
そのためいくら安くても、無料にはなりません。
そのような業者は不法投棄をしている可能性があり、危険な業者と言えるでしょう。

*電話対応時に料金を言わない
電話で問い合わせた際に、料金を教えてくれない業者がいます。
その業者は疑ったほうが良いかもしれません。
優良な業者はある程度の内訳を教えてくれたり、全体の見積もりを行ってくれたりします。
料金を言わない業者は注意が必要でしょう。

□まとめ

今回は、冷蔵庫の処分方法を解説いたしました。
費用と手間を考慮し、最も自分に適した方法を選ぶと良いでしょう。
わからないことがあれば、業者に問い合わせてみるのもおすすめです。
何かご相談があれば、ぜひ当社にお問い合わせください。

一覧に戻る

  • サービス事例
  • 取り扱い品目
  • サービス紹介
  • 買取・回収の流れ