買取日誌
  • サービス事例
  • 取り扱い品目
  • サービス紹介
  • 買取・回収の流れ

2019/07/08

不用品回収できる品目って?名古屋で不用品回収!

不用品回収をお考えの方はいらっしゃいませんか?

「家にある不用品を処分したい」「不用品回収をしてもらいたいが、回収してもらえる物か分からない」とお思いの方もいらっしゃるかもしれません。

不用品は回収してもらえる物としてもらえない物があります。

そこで、不用品回収で回収できる品目とできない品目についてご紹介いたします。

 

□不用品回収をしてもらうことができるもの

家庭内で出た不用品の大半は引き取ってもらうことができます。

棚やソファーなどの家具や洗濯機といった多くのものは回収可能です。

自治体が回収してくれる場合は、指定された日の回収で、不用品のサイズに合わせて料金を支払います。

しかし、自治体の中には、パソコンや冷蔵庫などの電子機器を粗大ゴミとして回収を行っていないところもあります。

不用品回収業者を利用すると、一般的な家庭で出た不用品のほとんどを回収してもらえます。

全ての不用品を同時に回収してもらいたい方は、不用品回収業者を利用すると便利です。

 

□不用品回収をしてもらうことができないもの

不用品回収をしてもらうことができないものの例として、食品や生き物、医療器具、スプレー缶といったものがあります。

食品や飲料のように、曜日ごとにある家庭ゴミの日で捨てることができるものに関しては、不用品回収できません。

生き物に関しても不用品として回収をすることはできません。

また、注射針のような医療器具は危険物を含むかもしれないので、回収ができない可能性があります。

医療器具を不用品として処分する場合は、専門の業者に依頼することが必要です。

スプレー缶はガスを含んでいることが多いため、爆発する危険もあります。

中身をすべて抜いて、決まった日に捨てる必要があるのです。

このように、不用品回収ではリスクのあるものは回収できません。

 

□注意すべきポイント

業者との間で、料金トラブルが起こることがあります。

無料で回収すると言っていたはずが、料金を請求されたり、事前に言われた見積もりと違う料金を請求されたりします。

また、不法投棄でもトラブルになります。

回収してもらった不用品が不法投棄されてしまうと、持ち主に責任が問われてしまいます。

回収業者選びは気をつけて行うことをおすすめします。

 

□まとめ

今回は、不用品回収ができる品目とできない品目についてお話をしました。

不用品回収をお考えの際は、ぜひ参考にしてみてください。

当社では不用品の買取と回収、両方に対応しています。

何かお困りごとがございましたら、一度当社にご相談ください!

一覧に戻る

  • サービス事例
  • 取り扱い品目
  • サービス紹介
  • 買取・回収の流れ