買取日誌
  • サービス事例
  • 取り扱い品目
  • サービス紹介
  • 買取・回収の流れ

2019/03/12

名古屋の不用品回収業者が教えます!ゴミ屋敷を放置すると生じる問題とは?

最近、テレビで「ゴミ屋敷」が取り上げられていますよね?
これは、社会問題として、ゴミ屋敷が扱われていることを表しています。
ゴミ屋敷は、不衛生で近隣住民に迷惑がかかるだけではなく、健康面にも影響を与え、最悪の場合、死に至るケースもあります。
そこで今回は、ゴミ屋敷を放置すると生じる問題を詳しく紹介していきます

□臭いや悪臭が発生する
ゴミ屋敷の問題と言えば、臭いや悪臭ではないでしょうか?
食べ残しや生ごみが溜まりだすと、家中に悪臭が漂います。
こうした悪臭を放置していくと、市販の消臭剤だけでは、臭いを消すことができない可能性があり、場合によっては専門的な消臭を行う必要が出てきます。
また、悪臭が自分の家の中だけで臭っていれば、まだよいかもしれません。
しかし、臭いは小さな粒子なので、外に悪臭が出ていく可能性があります。
近隣住民に多大な迷惑をかけてしまうので、絶対にあってはなりません。
そのため、悪臭はトラブルの原因になってしまいます。

□害虫や害獣が発生する
生ゴミを長い期間放置すると、ネズミやゴキブリなどの害虫や害獣が発生します。
食べ残しや食べかすは、これらの生き物にとって栄養となるからです。
そのうち、小さな体で家の中を徘徊し、巣を作り、繁殖してしまいます。
害虫や害獣が発生したことで生じる問題は、これらの生き物を媒介して、病原菌を持ってきてしまうことです。
最悪の場合、生死に関わることもあるので、ゴミの放置は大変危険です。

□精神面や健康面に悪影響を与える
臭いや悪臭、害虫や害獣が発生することは、人間の体に悪影響を与えます。
臭いや悪臭は、もちろんストレスを感じるので、日々の生活が快適に送れません。
また、害虫や害獣が発生することは細菌やカビの繁殖に繋がるので、アレルギー症状などの病気にかかるリスクが高まります。

□火災が生じる可能性がある
ゴミの放置によって生じる最悪の問題は、火災が発生することです。
ゴミというものは、引火しやすく、ゴミ屋敷ならば、綺麗な家よりも、家中に炎が燃え上がります。
この炎が、近隣の家に燃え移る可能性も考えられるので、ゴミ屋敷は非常に危険です。

□まとめ
ここまで、ゴミ屋敷を放置すると生じる問題について紹介しましたが、いかがだったでしょいうか?
ゴミ屋敷を放置していても、良いことは全くありません。
ゴミの放置によって、取り返しのつかないことが起きるので、早期の対応を心掛けましょう。
当社では、ゴミ屋敷の清掃を行っているので、ぜひ一度お問い合わせ下さい。

一覧に戻る

  • サービス事例
  • 取り扱い品目
  • サービス紹介
  • 買取・回収の流れ