買取日誌
  • サービス事例
  • 取り扱い品目
  • サービス紹介
  • 買取・回収の流れ

2019/03/08

名古屋で不用品回収してもらうなら業者か自治体か?両者を徹底比較!

皆さんは、不用品をどのように回収してもらいますか?
多くの場合、業者に依頼するか、自治体に依頼するかの2択だと思います。
そのような時に、どちらを選ぶか、迷う方も多くいますよね。
業者に依頼する、自治体に依頼する、どちらの場合もメリットもあれば、デメリットもあります。
そこで今回は、両者のメリット・デメリットを紹介してくので、ぜひ選ぶ際の基準にしてください。

□業者に依頼するメリット
不用品回収を業者に依頼するメリットは、面倒な手間がなく、電話1本で自宅まで、回収しにきてくれます。
スケジュールさえ合えば、自分の都合の良い日に依頼できるので、例えば引っ越しで時間がない時には便利ですよね。
また洗濯機、冷蔵庫、テレビなどの家電は、「家電リサイクル法」によって、自治体では回収してくれませんが、業者では回収してくれます。
さらに、大きくて重い家電や家具でも、業者は自宅まで回収しにきて、運んでくれるので、女性や高齢者の方にとっては安心です。

□業者に依頼するデメリット
不用品回収を業者に依頼するデメリットは、料金が自治体に比べて高くなってしまうことです。
サービスが多い分、仕方がないことですが、自治体に比べると約2〜3倍高いことが多いです。
しかし業者の場合、製造年が新しい家電や、人気の商品は買い取ってもらえる可能性があります。
買い取りを上手く利用することで、料金を安く済まさられるので、ぜひとも利用して下さいね。

□自治体に依頼するメリット
不用品回収を自治体に依頼するメリットは、料金が安いということです。
自治体の場合、利用券を購入したり、自分で指定場所まで不用品を運ばないといけないので、その分料金も安く済ませられるということです。
また公共の機関なので、安心感があるというメリットもありますね。

□自治体に依頼するデメリット
不用品回収を自治体に依頼するデメリットは、やはり手間がかかってしまうことです。
先程書いたように、自治体は業者に比べて、自力で回収作業を行う場面が多くなるので、その分、時間も労力もかかってしまいます。
時間がない方にとっては、困りますね。

□まとめ
ここまで、不用品回収を業者に依頼するか、自治体に依頼するか、それぞれのメリット・デメリットを紹介しましたが、いかがだったでしょうか?
両者を比較しながら、自分に合ったほうを選んでくださいね。
もし、不用品回収をして欲しい方がいれば、ぜひ当社までお問い合わせ下さい!

一覧に戻る

  • サービス事例
  • 取り扱い品目
  • サービス紹介
  • 買取・回収の流れ