買取日誌
  • サービス事例
  • 取り扱い品目
  • サービス紹介
  • 買取・回収の流れ

2018/12/27

名古屋の不用品回収業者が解説!遺品整理と不用品回収の違いについて

「不用品回収と遺品整理ってどうちがうの?」
「遺品整理は不用品回収業者でも取り扱ってくれるの?」
というような疑問をお持ちの方もおられるのではないでしょうか。
今回は、不用品回収と遺品整理の違いについて、分かりやすい具体例として亡くなった方の所有物の片付けを不用品回収業者に依頼する場合と、遺品整理業者に依頼する場合とで比較しながらご紹介させていただきます。

□亡くなった方の所有物の片付けを不用品回収業者にお願いした場合
まず初めに不用品回収業者に依頼した場合についてお伝えさせていただきます。
遺品整理専門の業者の存在自体知らなかったという方は、身内の方が亡くなられた際に、自分たちで遺品整理をすることが多いようです。
ですが、個人では処分することのできない大きな粗大ゴミなどは、不用品回収業者に頼んで処分してもらうことができます。
不用品回収業者は基本的になんでも回収してくれますが、遺品としての扱いはしません。
すべて不用になったものとして機械的に回収するので、あらかじめ大切な思い出の品や保存しておきたいものは分類しておく必要があります。
しかし、遺品自体の量があまり多くない場合は、身内でだいたい整理して残ったものを不用品回収業者に依頼できれば、すべてを遺品整理業者に任せるよりも安く済ませることができます。

□亡くなった方の所有物の片付けを遺品整理業者にお願いした場合
続いては、遺品整理業者に依頼した場合についてお伝えさせていただきます。
遺品整理業者では、基本的に整理の対象となるものは、すべて遺品として大切に扱ってくれます。
また、処分する遺品に対しては供養をしてくれます。
この点は、不用品回収には無いところと言えます。
遺品整理業者に依頼した場合、不用品回収業者と比べて、対応の範囲が幅広く、また整理を丁寧におこなってくれます。
しかし、その分不用品回収と比較すると費用が高くついてしまいます。
ですのでご利用の場合は、ご家族で話し合い、どちらの業者に依頼するのかよく吟味されることが望ましいでしょう。

□最後に
今回は、不用品回収業者と遺品整理業者の違いについて、分かりやすい具体例として亡くなった方の所有物の片付けを不用品回収業者に依頼する場合と、遺品整理業者に依頼する場合とで比較しながらご紹介させていただきました。
不用品回収業者と遺品整理業者にはどちらにも異なったメリットがあるので、場合によって使い分けるのが良さそうですね。
ぜひご参考にしてみてください。

一覧に戻る

  • サービス事例
  • 取り扱い品目
  • サービス紹介
  • 買取・回収の流れ