買取日誌
  • サービス事例
  • 取り扱い品目
  • サービス紹介
  • 買取・回収の流れ

2018/12/03

名古屋在住の方必見!不用品処理を安くする方法をご紹介!

不用品の処理って手間がかかりませんか?
また費用もかさみますよね。

費用を抑えるために自分ですべてを処理するのは、処理する品物によってはかなりの重労働になります。
そのような大きな品物を処理する時は不用品回収業者が便利でしょう。
しかし、業者を使うと費用がかさんでしまうと思われた方はいらっしゃいませんか。

この記事ではその費用を安く抑える方法についてご紹介していきます。

□不用品の処理にかかってくる主な費用とは?
不用品を処理する際、実際何に費用がかかるかというところまで把握しているという方はあまりいないのではないでしょうか。
そこでここでまず費用の内訳について簡単に解説します。

*処分費用
一つ目に、処分費用です。
これはもちろん不用品を処理・回収してもらうのでそのために必要な費用です。

*人件費
二つ目に、人件費です。
不用品を処理する際に業者に依頼するとどうしても人件費がかかってしまいます。
処分するのを依頼しているためそこに処理してくれる人は必ず存在しますよね。

*車両費用
三つ目に、処分費用とは別に車両費用があります。
車両費用とは、回収・処理をする際にその不用品を運搬するために必要不可欠なものです。

不用品の回収・処理を業者に依頼するとこの三つ等の費用がかかってきます。

□不用品処理を安くおさえる方法
では、次に不用品処理を安く抑える方法についてご紹介していきます。
不用品の処理の費用を安くしようと思えば上述したような費用の出費を抑えること安くできます。

*処分量を減らす
一つ目に、処分の費用を安くする方法は、単純に処分する量を減らすことです。
処分量を減らすために、ご自身で処分できるような蛍光灯やフライパンなどはあらかじめ処分しておきましょう。
処分を依頼するものは自分で処分できないものだけというようにすると費用を抑えられます。

*できることを手伝う
二つ目に、人件費を抑えるためには、当日に手伝えることがあればできるだけ手伝うようにすることで人件費を抑えられるかもしれません。
なぜなら作業の時間が長くなったり、作業の量によって人件費はかわってきたりします。
そのため手伝うことでそれらを抑えられる可能性があります。

*処分品を分ける
三つ目に車両費用を抑えるためには、大きな品物の処分を他のものと分けることです。
車両の値段は、トラック一台何円のように決まっていることが多いのです。
そのため大きな品物を別に処分することでより多くのモノを一度に処分でき、結果的に費用を抑えることに繋がるかもしれません。

□さいごに
三つの代表的な費用を抑える方法を考えることで、不用品の処理の費用は抑えられます。
そのためには、ご自身でできることをすませておくことが大事ですので、ご自身でできることと業者にしかできないことを判断しておくことをおすすめします。

一覧に戻る

  • サービス事例
  • 取り扱い品目
  • サービス紹介
  • 買取・回収の流れ