買取日誌
  • サービス事例
  • 取り扱い品目
  • サービス紹介
  • 買取・回収の流れ

2018/10/28

名古屋市で不用品買取|不用品買取を依頼する方法3つ!

「いらなくなった洗濯機、処分するのはもったいないから売りたいけど、リサイクルショップまで持っていけないな・・・」
そんなお悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか?

いらなくなったものを買い取ってもらうときは、店頭まで持っていく以外に手段はあります。
今回は、不用品の買取にどのような方法があるのかについてご紹介します。

□店頭持ち込み型
『店頭持ち込み型』とは、あなたが不用品をリサイクルショップや不用品の買取を行なっているの店舗まで持って行く方法です。
一番メジャーでスタンダードな方法なので、不用品買取といえばこのイメージを持っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

しかしながら、大型家電のような大きくて壊れやすいものは店舗まで持っていくのが大変ですよね。
店舗までなんとか持って行けたとしても、素人の運び方では途中で商品としての価値が下がるほどの傷がついてしまうことも考えられます。

『店頭持ち込み型』には、衣類や小物などの持ち運びしやすくて壊れにくいものをチョイスするのがおすすめです。

□出張型
『出張型』とは、業者が直接家まで買取をしに来てくれる方法です。
事前に電話で商品の査定を行い、買取当日は提携運送業者が家まで不用品を買い取りに来てくれます。

この『出張型』では、『店頭持ち込み型』では店舗に持っていくのが難しかった大型家電を買い取ってもらうことが可能です。
運送にかかった費用の分だけ買取金額は低くなってしまいますが、『店舗持ち込み型』では重たいものを慎重に運ばなければいけない労力がいることを考えると、より効率的な方法かもしれません。

自分で運べないものを買い取ってもらうなら、『出張型』を選びましょう。

□宅配型
『宅配型』とは、不用品を段ボールに詰めて店舗へ配送する方法です。

例えば、ゲームの高価買取に特化したゲーム専門リサイクルショップの店舗が北海道にあるとします。
その店舗でゲームを高く売りたいけど、あなたが住んでいるのは名古屋だとします。
わざわざゲームを売るためだけに北海道へ行くことは難しいですよね。

そんな時に便利なのが『宅配型』の買取方法です。
自分の家から遠く離れた店舗でも、買取をしてもらうことが可能です。

しかし、割れ物のように壊れやすいものを配送するときは、不用品を傷つけないように念入りに梱包し、十分な注意を払う必要があります。

□最後に
今回は、不用品の買取にどのような方法があるのかについてご紹介しました。

不用品を買い取ってもらうときには、店頭に持ち込むという方法以外にも、家まで引き取りに来てもらったり、配送で届けたりすることができます。
こうした手段を知らずに、「店頭まで持っていけないから捨ててしまおう」と判断してしまうことは、とてももったいないことです。

あなたに一番ぴったりな方法で不用品を買い取ってもらいましょう。

一覧に戻る

  • サービス事例
  • 取り扱い品目
  • サービス紹介
  • 買取・回収の流れ