買取日誌
  • サービス事例
  • 取り扱い品目
  • サービス紹介
  • 買取・回収の流れ

2018/10/16

名古屋市で不用品処理|いらない家電を処理する方法

一部の家電は、行政で回収されないということをご存知ですか。

「ほかの粗大ごみと同じようにシールを貼って出したらいいんじゃないの?」
と思っている方がいらっしゃるかもしれませんが、その考えは間違えです!

家電の中には、法律でリサイクルすることが義務付けられているものがあるのです。
今回は、いらなくなった家電の処理方法をご紹介します。

□『家電リサイクル法』を確認しよう!
あなたが使わなくなった家電の中に、まだ使うことができる材料や部品が含まれていることがあるかもしれません。
それらを正しくリサイクルするために作られたのが、『特定家庭用機器再商品化法(家電リサイクル法)』です。

この『家電リサイクル法』の対象となっている品目は、『エアコン』『テレビ』『冷蔵庫・冷凍庫』『洗濯機・衣類乾燥機』の4つです。

これら4品目の家電を処理したい場合は、その家電を購入した店舗、または、新しく買い替える店舗に引き取ってもらいましょう。
店舗が近くにない場合など、引き取ってもらうことが困難な場合は行政に相談してみてください。
料金を支払えば、引き取りに来てもらうことも可能です。

回収の際にかかる金額は、メーカーによって異なります。
経済産業省のホームページで、事前に料金を確認してみてくださいね。

□不用品買取業者に買い取ってもらう
『家電リサイクル法』で定められている『エアコン』『テレビ』『冷蔵庫・冷凍庫』『洗濯機・衣類乾燥機』以外の家電は、購入した店舗や買い替え予定の店舗で引き取ってもらうこともできますし、ほかのゴミなどと一緒に処分することもできます。

しかし、「自分はもう使わないけど、まだ使えそう・・・」
そんな家電を処分してしまうのは、少しもったいないような気がしませんか?
不用品買取の業者に依頼すれば、お金を支払って処分してもらうはずだった家電が、買い取ってもらえることになるかもしれませんよ。

大きな家電をリサイクルショップまで持っていくのは大変だと思うかもしれませんが、業者が自宅まで来て家電を買い取ってくれるサービスもあります。
まだ使えそうな家電は業者に買い取ってもらい、お金に換えてしまいましょう!

□最後に
今回は、いらなくなった家電の処理方法をご紹介しました。

『エアコン』『テレビ』『冷蔵庫・冷凍庫』『洗濯機・衣類乾燥機』以上4品目を処分するときは、『家電リサイクル法』にご注意ください。
また、価値がありそうな家電は、不用品買取業者に一度査定してもらってはいかがでしょうか。

一覧に戻る

  • サービス事例
  • 取り扱い品目
  • サービス紹介
  • 買取・回収の流れ