買取日誌
  • サービス事例
  • 取り扱い品目
  • サービス紹介
  • 買取・回収の流れ

2018/09/26

遺品整理しながら不用品も処理できる?|名古屋の不用品回収業者が解説!

一昔前の日本では、故人が残した遺品の整理は親族で行うのが一般的でした。
しかし、現代では核家族化が進むなど社会が変化しているので、子供と離れて暮らす高齢者の数も少なくはありません。

その結果、孤独死や親族に遺すべき遺品を整理できないままこの世を去ってしまうという事例が増えています。
残されたご遺族が故人の近くに住んでいない場合や、何を遺すべきか分からない場合に頼りになるのが、遺品整理の専門業者です。

そこで今回は、不用品回収業者が行う遺品整理についてお話しします。

 

□遺品整理って?
遺品整理とは、故人が残した遺品を整理して、部屋や物件を綺麗に清掃して元通りの状態に戻すことを指します。
ただし、単にゴミや使わなくなった物を運び出して処分する不用品回収とは全く異なります。

遺品整理の場合は、家財道具を買取・寄付・処分などと、品物の状態などに合わせて用途ごとに仕分けていきます。
また、預金通帳・現金・契約書などの重要と思われる品物については依頼主のもとに渡します。

 

□清掃を行う場合もあります
孤独死の現場の遺品整理では、部屋の清掃が必要な状況もあり得ます。
そのような場合には、特殊清掃技術を持つ遺品整理業者を選んで依頼するのが良いでしょう。

ここで言う特殊清掃とは、血痕や体液によって付着したシミの除去や、腐敗臭の消臭、虫の駆除などを行う清掃を指します。
こうした場合に清掃までを遺族の力だけでするのは非常に大変なので、専門業者に頼むのが良いでしょう。

 

□弊社が行う遺品整理
弊社も遺品整理をサービスの一種として展開しています。
遺品の整理やお部屋の整理は、一軒家から一部屋までさまざまな規模に対応可能です。
弊社では、専任スタッフ制を導入しており、お見積もりから実際の作業までを担当スタッフが責任を持って行います。

そのため、見積もりの時と実際の作業の時とで説明が異なる、などのトラブルは一切ありません。
安心してお任せください。
また、遺品整理の際に不用品回収も承っています。遺品の中で明らかに使う機会がなさそうな品物については不用品回収という形で弊社が回収いたします。

 

ここまで、遺品整理についてお話ししました。
高齢化社会が進む今の時代においては、遺品整理は身近なサービスになりつつあります。

皆さんにも、いずれ遺品整理について考える必要がある時が訪れるでしょう。
その時に備えて今のうちから適切な知識を身につけておくと、いざという事態にも冷静に対処できるかもしれません。

一覧に戻る

  • サービス事例
  • 取り扱い品目
  • サービス紹介
  • 買取・回収の流れ