買取日誌
  • サービス事例
  • 取り扱い品目
  • サービス紹介
  • 買取・回収の流れ

2018/07/28

引っ越し時に大量にでた不用品を上手く処理する方法とは!|名古屋の方必見

みなさんこんにちは。引っ越しで大変なのは荷物を新居に運ぶだけではなく、不用品の処分もしなければならないことです。

不用品の量や大きさは人それぞれですが、引っ越しとなるとかなりの不用品が出てくると思います。
そのためいざ不用品を処分しようと思っても、一体どうやって処分をすればいいのかわからないことが多いと思います。

不用品をあらかじめ処分しておかないと、引っ越し当日に不用品も新居へ運ぶ羽目になってしまいます。

そこで今回は、大量にでた不用品を上手く処分する3つの方法について、そのメリット・デメリットと共にご紹介いたします。

■自治体の粗大ごみ回収サービス
これは住んでいる地域の自治体のルールに従って不用品を処分してもらう方法です。

基本的に粗大ごみの回収は有料ですが、メリットはなんといってもその料金が安いということです。
費用の一部は税金によって賄われるので、安く回収と処分をしてもらうことができます。

しかし自治体を利用して回収してもらう場合は、利用券の購入や指定場所まで運ばなければいけないなどの手間がかかります。
さらに、テレビや冷蔵庫、エアコンなど家電サイクル法の対象となっているものは回収できないことがあります。

各自治体によってルールが異なるため、ホームページ等で事前に確認しておきましょう。

■オークションに出品
近年では一般的になっているネットオークションやフリマアプリを利用して不用品を売る方法があります。
この方法の特徴は、自分で売却金額を設定することができ、納得がいく金額での売却を行うことができる点にあります。

デメリットとしては、出品する不用品を一つ一つ写真に撮って商品説明を書き、配送をしなければならないという手間がかかってしまうことです。
また個人間のトラブルに発展しまうケースが少なくないというデメリットが挙げられます。

■不用品回収業者
不用品回収業者の最大のメリットは「手間が少ない」ということです。
不用品回収業者は電話一本で自宅まで回収しに駆けつけてくれます。
業者が不用品を運び出してくれるので、無駄な労力や準備する必要がありません。

また都合が合えば当日に回収をしに来てくれる業者も多数いらっしゃいます。
有害なものや危険性がある特殊なもの以外は基本的に回収をしてくれるので、安心して依頼することができます。

デメリットは、自治体と比べると回収料金が高くつくところです。
しかし業者によって回収料金が異なりますので、依頼したい場合は事前に複数の業者の料金を比較しておくと良いでしょう。

■まとめ
今回は3つの不用品処理方法についてそれぞれのメリット・デメリットをご紹介いたしました。

クリーンスタッフではスムーズに回収ができるようにスマホで簡単見積もり査定を行っており、名古屋市内であれば最短30分で駆けつけることが可能です。

これから引っ越しをご検討している方は、不用品の処理の際にご利用を検討してみてはいかがでしょうか。

一覧に戻る

  • サービス事例
  • 取り扱い品目
  • サービス紹介
  • 買取・回収の流れ