買取日誌
  • サービス事例
  • 取り扱い品目
  • サービス紹介
  • 買取・回収の流れ

2018/07/04

名古屋でゴミや四季の片付けにかかる費用はどのくらい??

みなさんこんにちは。
「いつの間にか部屋がゴミだらけになっていた」
「部屋が散らかりすぎて自分じゃどうにもできない」
このような理由でゴミを放置していませんか?

ゴミを大量に放置しすぎると行政代執行を受けてしまうことがあります。そんなときはまず業者に依頼して「脱ゴミ屋敷」を目指しましょう。

しかし、ゴミ屋敷の片付けにかかる料金がどのくらいか気になるところだと思います。

今回は、不用品回収業者によるゴミ屋敷の片付けにかかる料金の内訳について詳しくご説明いたします。

■料金の内訳
業者に依頼して片付けをしてもらう際に発生する費用は、基本料金と回収費用の2つです。それぞれの内訳について解説いたします。

【基本料金】
基本料金は主に3つの費用が含まれています。

・人件費
人件費は作業する時間や人数によって異なります。例えば、ゴミの量が多くエレベーターの無いアパートの場合は、時間と人手が多く必要となるためかなりの費用が必要になります。
また、ゴミの量が多すぎて日を分けて作業を行う場合も、料金が追加で加算されます。

・ゴミの処分費用
ゴミの処分費用は、ゴミの範囲とゴミの量で計算されます。またゴミの材質や状態によって加算されることもあります。

・出張費用
これには業者が依頼先に向かう交通費やゴミを回収する車の燃料費などが含まれています。
特に距離が離れていれば離れているほど、出張費が加算されやすくなります。

参考程度にですが、一人暮らしで不用品回収に必要な軽トラックは1台当たり14800~円となっています。

【不用品回収費用】
業者によってはゴミの片付けと共にいらなくなった不用品の回収もしてくれます。
部屋のクリーニングだけではなく、処理に困る粗大ごみも一緒に回収してくれるため非常にありがたいですよね。

回収費用は、不用品の大きさや重さ、解体難易度によって異なります。

例えば、ベッド台の場合は持ち運びの際解体しなければいけませんし、エアコンは取り外しに手間がかかります。
また金庫などの重量が大きいものは処分に手間がかかるので、費用がその分加算されます。

また、クリーンスタッフでは以下の品目を回収対象としています。

【生活家電】
冷蔵庫、洗濯機、エアコン、掃除機、炊飯器、電子レンジ、除湿機・加湿器、ミシン、空気清浄機、ガステーブル、給湯器、ヒーター、パソコン・PC、液晶モニタ・ディスプレイ、ビデオデッキ、オーディオなど。

【家具】
ベッド、ソファー、食器棚、椅子、机、テーブル、本棚など。

【その他】
バイク、ギター、キーボード、カメラ、ビデオカメラ、本、漫画、ラジコン、ゲームソフト、DVD、CDなど。

■まとめ
今回は不用品回収業者によるゴミ屋敷の片付けにかかる料金の内訳について詳しくご説明いたしました。

クリーンスタッフでは、ゴミ屋敷の片付けではなく遺品整理も取り扱っております。
ゴミ屋敷や遺品整理でお困りのお方はぜひ弊社までお気軽にお問い合わせくださいませ。

一覧に戻る

  • サービス事例
  • 取り扱い品目
  • サービス紹介
  • 買取・回収の流れ