買取日誌
  • サービス事例
  • 取り扱い品目
  • サービス紹介
  • 買取・回収の流れ

2018/05/29

名古屋から引っ越し、大量の不用品を処理する三つの方法

「引っ越しをしようとして部屋を整理していたら、大量の不用品が出てきた…」要らなくなったものや使えなくなったものを処分するときにまず考えつくのがごみとして捨ててしまうことですが、有害物質が出るあるいはまだ使うことのできる資源をリサイクルする必要がある、などの理由によって通常の方法では廃棄できないものもあります。

その時には誰かに引き取ってもらうという方法を採られるのではないかと思います。

今回は、この方法の中でよく行われている三つを比較していきます。

◎買収に対応している店舗に売る

持ち込めばある程度の金額に手軽に変えられる即金性が強みです。

しかしながら一方で、不用品を処理するコストも賄うことになりますし、店舗代や人件費も上乗せされることになりますので受け取れる金額は比較的少ないです。

また、手放すものが大きくなると運搬が大変になるかもしれません。

◎業者に不用品回収を依頼する

不用品回収というのは文字通り、使わないあるいは使うことが困難な物品を代行して処分してもらうことを指します。

依頼の際には当然料金はかかりますが、労力を最小限にできるのは大きな魅力です。

処分しようとしているものが多いと大変な労力がかかると思います。

料金面で納得いただければすぐに作業に取りかかりますので運搬などを負担していただくこともありません

◎インターネットなどを使って自分で販売する

最近は、ご自身で売るということも簡単に行えるようになりました。

利用するのはインターネット上のオークションサイトやフリーマーケットアプリで、写真を撮影してその品の説明を加えるだけで出品できます。

全世界を相手に取引をしているという点で、引き取りを希望する方や業者が現れる可能性が充分にあるのが強みです。

また、使えなくなったり不具合が生じている部分があったりしたとしても、部品を欲しがっていたり観賞用として使いたいと考えていたりする顧客には需要があります。

しかし一方で、相手の方との取引はお客様自身で行う必要がありますので量が多いと大変かもしれません。

◎最後に

今回は、不用品を処理する方法の中で、引き取ってもらうという方法を採るときに行うと考えられる三種類についてそれぞれの特徴を比較しました。

弊社は名古屋を中心とした地域で不用品の買収を行っております。

量が多くても問題ありません。

不用品の処分にお困りでしたら弊社まで、当日のご連絡でも対応いたしますのでお待ちしております。

一覧に戻る

  • サービス事例
  • 取り扱い品目
  • サービス紹介
  • 買取・回収の流れ