買取日誌
  • サービス事例
  • 取り扱い品目
  • サービス紹介
  • 買取・回収の流れ

2018/05/05

不用品回収料金の内訳や相場はいくらなの?名古屋のクリーニング業者が解説します。

「汚部屋のクリーニングと一緒に、不用品の回収も行って欲しい。」
「不用品の回収の料金の内訳や相場が知りたい。」

そのような考えをお持ちではないですか。

引っ越しや大掃除の際に発生する、大きな粗大ごみやいらなくなった家具などの不用品は、処分に困りますよね。不用品の処分にはお金がかかり、手間も必要になります。

民間の不用品回収業者に依頼をすれば、適切に対処してもらえることをご存知でしょうか。

時間がない場合や人手が足りない場合でも、業者に依頼すれば、全て回収処分を行ってもらえるため、非常に便利です。

この際に気になるのが、業者に依頼した時に必要になる回収料金ですよね。

今回は、不用品の回収料金の内訳や目安となる相場についてご説明します。

●不用品回収料金の相場

業者によって詳細は異なりますが、不用品回収に必要となる料金には、様々な内訳があります。

・個別回収料金

個別回収料金とは、回収する不用品ごとに決められた費用です。

例えば、ベッドは4000円~5000円、タンスは4000円~6000円、テーブルは3000円~5000円
が基本的な相場であり、不用品の大きさや処分の手間によっては、料金が変更されます。

また、テレビや冷蔵庫などのリサイクル家電は、家電リサイクル法に基づいて処分する必要があります。このため、自分で指定された処分を行うより、回収業者に依頼した方が2000円~5000円ほど、費用は高くなります。

しかし、指定場所への持ち運びや、規定条件に従うことは、手間や時間がかかるため、多少金額がかかるため回収業者に依頼するメリットはあります。

・出張費・車両費

依頼した業者が、家まで訪問するための出張費や、大きな不用品を運ぶための車両費が必要になります。
トラック代や、移動に必要な車両の燃料費も含まれます。

・危険作業手当

危険な作業を行う必要がある場合は、危険作業手当が発生する場合があります。
例えば、エレベーターが使用できないマンションや、アパートの高所からの引きおろし、解体が必要になる場合、大きな重量物を運び出す場合などに費用が必要になります。

業者によって対応が異なりますので、事前に確認することをお勧めします。

●最後に

今回は、不用品回収の際に必要な料金の内訳や目安となる相場についてご説明しました。

部屋の中に、いらなくなった不用品や、処分に困っている家具・家電はございませんか。
我々、クリーンスタッフでは、不用品の回収を行っています。まずは簡単に見積もりを行いますので、お気軽にお問い合わせください。

一覧に戻る

  • サービス事例
  • 取り扱い品目
  • サービス紹介
  • 買取・回収の流れ